. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


AIを活用した材料開発と応用事例

■開催日時:2020年9月24日(木)13:30〜16:30 

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
 お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。

■受講料:42,000円 + 税  * 資料付/1人

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:入江 満 氏  MI-6梶@執行役員

【講師経歴】
 東京工業大学 生命理工学部 卒業、同大 生命理工学研究科 修了。バイオインフォマティクスを
専攻。統計解析・データ可視化・ソフトウェア開発などの技術を学ぶ。
 三菱総合研究所、中国大手ITベンチャーを経て 2018年9月より MI-6(株)入社。事業開発および
データ解析事業をリードしている。

【活 動】
 事業開発統括として MIのビジネス展開をリードするとともに、データサイエンティストとして
データ解析業務を遂行している。他、企業や大学、展示会などで MIに関する講演実績多数。

■趣旨:
 近年の計算機科学や演算能力の発展、蓄積データの大規模化により、学術分野や学術界と産業界の
垣根を超えた機械学習技術の応用が加速しており、材料開発領域においても同じ流れにある。機械
学習を含むデータ科学的アプローチの応用は「マテリアルズ・インフォマティクス(MI)」と呼ばれ、
近年材料産業から高い関心が寄せられている。
 講演者の所属するMI-6鰍ヘMI解析サービスを専門に展開するスタートアップで、これまで数多くの
民間企業との共同開発および受託解析・コンサルティング案件を遂行し、また材料企業のニーズ
調査をしてきた。
 本セミナーでは、産業界においてMIが注目される背景や応用事例、導入障壁等を紹介すると
ともに、テキストマイニングやロボティクスといった関連技術との融合によるMIのさらなる発展
可能性について議論する。

■セミナー対象者
 ・材料開発に従事している研究開発者等
 ・これからマテリアルズ・インフォマティクスを社内で導入しようとしている担当者

■セミナーで得られる知識
 ・マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の概要
 ・産業界および学術界におけるMIに関する近年の動向や展望
 ・マテリアルズ・インフォマティクスの技術入門



※ 適宜休憩が入ります。

1. マテリアルズ・インフォマティクス(MI)の背景・概要

2. MIに用いる種々のデータ解析技術

3. MI応用事例(学術・産業 / 国内・国外)

4. MIの周辺技術

5. データ駆動型材料開発の今後の展望


Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.