. .
セミナー・イベントTOPへ戻る

小型・軽量化、高効率化、低コスト化を実現する機電一体モータ設計技術を修得し、開発に活かすための講座

モータとインバータの統合設計方法のポイントを修得し、高効率なモータ開発へ応用しよう!


機電一体インホイールモータの設計技術と特性および統合設計のポイント
〜 インバータ、ギア、ケース、冷却機能の設計、機電一体インホイールモータの
出力・効率特性、応用と今後の動向 〜

■開催日時:2020年09月15日(火) 10:30〜17:30


■会場:日本テクノセンター研修室
    (東京都新宿区西新宿二丁目7-1 小田急第一生命ビル 22階)

■受講料:一般(1名) : 49,500円(税込) 
     同時複数申し込みの場合(1名) : 44,000円(税込)

■主催:(株)日本テクノセンター


■受講対象者:
・モータ設計者、パワエレ技術者の方
・自動車、EV、モータ、電装品ほか関連企業の技術者の方

■予備知識:
・永久磁石モータの基礎知識、インバータなどパワエレ技術の基礎知識をもっていることが望ましい

■修得知識:
・モータ・インバータ一体化の利点と課題、それぞれの設計方法、統合設計方法

■講師の言葉:
 インホイールモータに必要な冗長性をモータとインバータの機電一体化により実現し、超小型SiC
インバータモジュールを搭載することで空冷でのインホイールモータが実現可能となります。

 本講義では電気自動車主機用機電一体モータの設計ポイントを講義します。実際に製作した
インホイールモータをベースにモータ設計の考え方、インバータの設計、ギアやケース、冷却機能の
設計など、統合設計のポイントを説明します。


1.機電一体モータの動向
(1).自動車主機用機電一体モータ
(2).自動車補機用機電一体モータ
(3).多相モータ・多重モータ
(4).インホイールモータ

2.機電一体インホイールモータの設計
(1).設計の考え方
(2).モータ
(3).インバータ
(4).ギア・ケース

3.機電一体インホイールモータの特性
(1).出力特性
(2).効率特性

4.応用と今後の動向
  ・電気自動車 ほか

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.