バイオ・メディカル 絶版
電機、素材、通信など異業種が続々と参入
畑違いだったヘルスケア市場は、あらゆる企業が狙うビッグビジネスの誕生!
 
■ 本書のポイント 
◎先行企業では、生体センサの高感度化・省電力化をどう実現
 したのか?

◎ウェアラブルセンサへの無拘束性・自由度の付与と長期的、
 連続的なモニタリング技術

◎意識せずに生体情報(呼吸、心拍、脈拍、血圧、ストレス)を
 計測する最新技術

◎ウェアラブル機器の電源をどう確保するのか? 

◎ワイヤレス給電技術の医療への応用事例、今後想定される
 用途や解決すべき課題とは?

◎医療用無線センサネットワークの国際規格動向と本命の方式
 とは?

◎厚労省、経産省、NEDO 国が見据える将来像・政策と
 ロードマップとは?

◎異分野から医療機器事業に参入する際の リスクとビジネス
 チャンスとは?

◎自社の得意技術を活かし、 新規参入を成功させた担当者が
 明かす開発の着眼点!

◎エレクトロニクス技術を活かした 医療・ヘルスケア機器の
 開発・参入事例 

◎MEMS、ナノインプリントなどメカトロニクス技術による
 非接触・非侵襲デバイスの開発事例

◎今、医療現場・健康管理で求められる開発ニーズと今後必要な
 技術、課題とは?

2014年5月
本体95,000円+税
本体30,000円+税
  ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
684頁
A4
技術情報協会
 
執筆者計118名

国・公的機関が見据える医療機器政策と将来像

次世代ヘルスケアシステムの現状と今後の方向性

生体センサの高感度化と非接触・低侵襲センシング技術

非接触・低侵襲・無拘束- 生体モニタリング技術

医療・ヘルスケア機器用 無線通信技術と規格動向

医療機器向け電池・ワイヤレス充電技術

医療機器における 画像・イメージング技術

医療機器へのアクチュエータ・モータの応用技術

微細加工技術による医療・ヘルスケア機器の開発

ヘルスケアデバイスのフレキシブル化技術

医療・介護支援ロボットの要素技術と将来展望

医療・ヘルスケア分野でのICT活用とその将来像

医療機器ソフトウェアの日米欧の規制内容とその対応

異分野からの参入における留意点と着眼点

臨床現場における医療・ヘルスケア機器への開発ニーズ
 
 
【次世代】ヘルスケア機器の新製品開発 Copyright (C) 2014 NTS Inc. All right reserved.