バイオ・メディカル 試読不可
基礎研究から臨床応用へ! 実用化を見越した技術開発をいかに行うか?
低コストかつ省労力で、安全・安心なiPS細胞をいかに製造するか?
 
■ 本書のポイント

@がん化細胞・未分化細胞をいかに選別・除去するか?
 ―なぜがん化する?どこでがん化する?メカニズムと除去
  技術の応用とは

A移植細胞としての安全性と有効性をいかに評価する?
 ―移植細胞がしっかりと生着し、いかに機能を発揮させる
  のか
BiPS細胞を病態解明や医薬品評価に活用するには?
 ―創薬の効率化のため、早い段階でいかに副作用リスクを
  予測するのか

C量産化・安定供給のための自動培養技術の開発
 ―熟練研究者の精工な作業を、自動装置でいかに再現する
  のか

DiPS細胞を目的の臓器にいかに分化誘導するか?
 ―目的の臓器に育つiPS細胞を高効率に選別する目印とは

E凍結時の細胞の生存率をいかに向上させるか?
 ―毒性の少ない保存液や輸送のための容器開発の最前線

F他家細胞を活用し、安定供給体制をいかに構築するか?
 ―コスト低減と品質恒常化の鍵を握る他家細胞。その活用
  の実際とは

GiPS細胞を産業化する際に必要な規制対応事項とは?

H国内外で強固な権利行使を行うための知財戦略とは?

2016年10月31日
本体30,000円+税
494頁
A4
技術情報協会
 
執筆者 計97名

iPS細胞作製・培養時における細胞のがん化メカニズムと検出・評価

iPS細胞由来移植細胞の安全性・有効性評価事例

iPS細胞を用いた病態解明および医薬品評価技術の開発

安全で効率的なiPS細胞の培養法開発

量産化に向けたCPC構築および自動培養装置とGMP対応

iPS細胞からの分化誘導および臓器作製成功のポイント

iPS細胞の凍結保管技術および輸送技術の構築

他家細胞を活用したiPS細胞の安定供給

iPS細胞の産業化・製品化のための規制対応と許認可取得

iPS細胞の特許取得戦略および訴訟対策
 
 
iPS細胞の安全・高品質な作製技術 Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.