バイオ・メディカル 試読不可
コンピュータの処理能力の速さを活かしつつ、計算コスト増大の課題をいかに克服するか?
In silico創薬を成功に導く計算科学やスパコン、データベース構築の重要技術が満載!
 
【超高速化する創薬のスピードに遅れを取らないために!】
 
@ in silicoを用いた、生体分子の相互作用の網羅的な解析法
  ―異なるデータベースに蓄積されている膨大なデータを いかに網羅的に解析し、有効な標的選定につなげるか?
A スパコン活用時における「計算速度」と「予測精度」の両立
  ―二率背反の関係にあるこの両者のバランスを追究した、 様々な手法の開発とその組み合わせの事例!
B in silico解析に基づいた薬剤の毒性評価
  ―創薬初期段階で毒性や薬物動態等のリスクをいかに予測し 化合物選定に活かすか?
 
2018年1月31日
オンデマンド版 本体30,000円+税
540頁
A4
技術情報協会
978-4-86104-688-9
 
執筆者 計79名

in silicoによる生体分子の相互作用解析ととスクリーニングの実施

スーパーコンピュータ・人工知能による創薬・育薬の高速化と最適化

in silico解析に基づいた薬剤の毒性評価

in silico創薬におけるソフトウェア活用の具体例

in silico創薬におけるシステム・データベース構築とビッグデータ活用の実際

システムバイオロジーによる疾患研究およびバイオマーカー探索

オープンイノベーションによるin silico技術開発の取り組みと今後の活用
 
 
in silico創薬におけるスクリーニングの高速化・高精度化技術 Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.