応用物理 翻訳
ドイツ連邦教育研究省プロジェクトの成果を邦訳
訳注、用語解説、重要文献、参照文献が充実
新しい測定、診断(技術、機器)、治療、新薬開発の道を拓く
第一線で活躍中の100名を超す執筆陣
 
原書
『Biophotonics〜visions for better health care〜』Jürgen Popp, Marion Strehle (Editor), wiley, 2006
 
2008年4月22日
本体28,400円+税
566頁
B5
ISBN978-4-86043-193-8
 
監訳者: 岩村 秀(日本大学大学院総合科学研究科 教授、理学博士/元 日本化学会会長)
翻訳者: 廣瀬 千秋(東京工業大学名誉教授、理学博士)
 

序論:バイオフォトニクス―ヘルスケアへの貢献に向けて

浮遊アレルゲン粒子のオンラインモニタリング(OMNIBUSS)

バイオエアロゾルのオンラインモニタリングとオンライン同定(OMIB)

微生物の識別,抗微生物薬への耐性発現遺伝子および突然変異の検出,および腫瘍の診断のための新規

癌の早期診断(PLOMS)

マーカーフリー生細胞解析および腫瘍解析の新手法(MIKROSO)

再生手術(MeMo)

マイクロアレイバイオチップ−小さなチップ上での無数の反応(MOBA)

ハイブリッドオプトード(HYBOP,光学的化学センサーデバイス)

デジタル顕微鏡(ODMS)

バイオフォトニクスの将来展望
 
Copyright (C) 2008 NTS Inc. All right reserved.