特許情報分析(パテントマップ)から見た「太陽光発電」に関する技術開発実態分析調査報告書
 
法規制・特許 試読不可
1.調査目的:
太陽光発電を取り巻く市場や技術環境は目まぐるしく変化しており、競争に打ち勝つにはどの部分に焦点を絞り込むべきか、どの分野が着目されているのかなど、一歩先を行く開発戦略が必要となる。調査報告書はこうした要求に応えるために技術戦略上の基礎データを提供することが目的である。

2.特許情報の収集と処理:
平成11年(1999年)から平成20年(2008年)までの10年間に公開された公開特許について、「特許検索ASPサービスSRPARTNER」((株)日立情報システムズ製)を使用し、検索、収集した。報告書作成にはパテントマップ作成支援ソフト「パテントマップEXZ」〔インパテック(株)製〕を使用した。特許情報公報の総数は6,837件である。

<検索方法>
S1(公報発行日):19990101:20081231
S2(KW;要約+請求の範囲):太陽光
S3(KW;要約+請求の範囲):太陽光 ソーラ
S4(KW;要約+請求の範囲):発電
S5(FI):H01L31/04.F H01L31/04.K H01L31/04.R G05F1/67.A
S6(Fターム):5H420 CC03 5G066 HB06 5F051 BA17
論理式:S1*(S2+S3*S4+S5+S6) = 6,837(出力件数)
 
2009年5月30日
本体59,306円+税
193頁
A4
(株)パテントテック社
 
◆報告書の構成

書誌データによる分析(過去10年)
A.ランキング分析(リスト)
B.時系列分析
C.ニューエントリ・リタイアリ分析
D.上位出願人と分類の関係分析
E.上位出願人のユニークな技術分析
 
技術データによる分析(最近公開の471件)
F.技術分類分析
 F-1 技術分類別公開件数ランキング
 F-2 技術分類相互の公開件数相関
 F-3 上位40出願人と技術分類の公開件数相関

技術開発の概説
 
今後の技術開発動向の予測

技術データの分類体系
 
 
◆本報告書の特徴
技術データによる分析
直近までの分析により今後の技術動向を予測
特許情報データの提供/報告書の対象となる過去10年間の公開特許情報をリスト形式(公報番号、発明者の名称、出願人、発明者)にしてCDに収容した為、公報のダウンロードに便利
 
 
特許情報分析(パテントマップ)から見た
「太陽光発電」に関する技術開発実態分析調査報告書
Copyright (C) 2009 NTS Inc. All right reserved.