IT
 人間の持つ五感と同じレベル、または超える感度を持つ超五感センサの開発が活発になってきている。情報科学、電子技術、分子生物学、脳科学、バイオミメティックス、ロボット工学などの急速な発展により、人間の五感では感ずることのできない情報(磁場、赤外線など)をも検出可能な超五感センサも生まれつつある。本書では、そのメカニズムの最新の生物学的研究、工学技術開発とその応用状況、優れた感度を持つ生体を五感別にまとめた。また、その研究開発を支える計測技術や情報処理などの周辺技術を紹介する。
 
2005年11月25日
本体43,600円+税
544頁
B5
ISBN4-86043-100-6
 
 執筆者全63名
 
第1編 超五感センサの実現に向けて
 
第2編 五感センサの開発状況

視覚センサ
コラム 生体における驚異の世界 視覚センサ

聴覚センサ
コラム 生体における驚異の世界 聴覚センサ

嗅覚センサ
コラム 生体における驚異の世界 嗅覚センサ
コラム ヒトのスーパーセンシング フレーバリスト

触覚センサ
コラム 生体における驚異の世界 触覚センサ
コラム ヒトのスーパーセンシング 服作りにおけるハンドメードとマシンメード

味覚センサ
コラム 生体における驚異の世界 味覚センサ
 
第3編 五感センサを支える技術

五感をとらえる脳磁計測技術

視覚と聴覚を併用した単語認識システムの構築

五感情報処理の展望
 
Copyright (C) 2005 NTS Inc. All right reserved.