IT
本格的普及に向けたICタグ本体の環境耐性能力向上、小型化、多形状化と周辺機器の技術開発について、さらに、ICタグを導入した具体的なシステムについて産業ごとの現状と将来展望までを詳解する。
 
2006年11月7日
本体37,400円+税
424頁
B5
ISBN4-86043-107-3
 
 執筆者 43名(他 総務省、経済産業省、国土交通省)
 
序論 本格的普及に向けたICタグの日本における取り組み

電子タグの普及に向けた総務省の戦略について

電子タグの普及に向けた経済産業省の戦略について
 
第1編 次世代ICタグの先端技術開発現状

UHF帯ICタグへの取り組みと最新ICタグの開発現状

小型化・多形状化への取り組み

環境耐性能力向上への取り組み

複合型ICタグへの取り組み

実践的導入を目指す低コストICタグへの取り組み

再利用型ICタグへの取り組み
 
第2編 ICタグソリューションを可能にする周辺機器

UHF帯域における周辺機器設計の課題

ICタグ普及をサポートするさまざまな周辺機器
 
第3編 ICタグが創るユビキタス社会

世界標準化団体EPCglobalが推進するICタグ関連技術の標準化
―本格導入が始まったEPCglobalネットワークシステム―

ユニバーサルサービス提供実現を目指す自律移動支援プロジェクト

家庭生活環境でのユビキタス・ロボティクスの実現

国際標準ICタグによる日中韓グローバルサプライチェーンマネジメント実証実験

ICタグに対するプライバシ保護技術
 
第4編 ICタグ導入システムの現状と将来展望

流通分野におけるICタグシステム

セキュリティ・個人情報保護分野におけるICタグシステム

観光産業におけるICタグシステム

セミナー・イベント会場におけるICタグシステム

防犯・防災分野におけるICタグシステム
 
Copyright (C) 2006 NTS Inc. All right reserved.