IT 試読不可
本書は,プログラミングに初めて携わる学生や社会人を対象に,「構造化分析設計法」と「UML」という2種類の方法を用いて,ソフトウェアの設計法を解説している。全11章すべてに設けられている演習問題は,詳細な解答・解説によって,読者の理解を定着させる。重要なプログラミング用語を簡潔な言葉で要説したコラムも充実。

好評ロングセラーにつき、装丁一新!
 
2016年4月1日
本体2,000円+税
160頁
A5
(株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-455-7
 
著者
 井上 克郎(大阪大学大学院情報科学研究科コンピュータサイエンス専攻教授)
 

ソフトウェアの設計とは
 

状態図とアクティビティ図
 

構造化分析設計法
 

コンポーネント図と配置図
 

UML記述
 

UMLを用いた開発プロセス
 

クラス図とオブジェクト図
 

設計のレビュー
 

ユースケース図
 

UMLの記述からプログラムへの変換と設計支援ツール
 

シーケンス図とコラボレーション図
 
   
 
第2版 演習で身につくソフトウェア設計入門 〜構造化分析設計法とUML〜 Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.