IT 試読不可
「眠気や疲労、体調不良」を高精度に検出するドライバモニタリング技術
事故のリスクを予測し、未然に防ぐ「新しい運転支援技術」の最新事例を掲載
 
■ 本書のポイント
【運転中の眠気、覚醒度の検出、推定技術】 
 ・ドライバの眠気レベルの推定と眠気推移傾向
 ・心拍、呼吸による眠気推定技術
 ・着座センサーによる入眠予兆検知と居眠り運転警告シートの開発
 ・脳波によるドライバの注意散漫状態の推定 

【視線、瞬き解析によるドライバ状態の推定技術】
 ・サッカード特徴量を指標とした覚醒低下検知の可能性
 ・瞬き情報だけによる居眠り状態の検知方法
 ・カメラと画像処理技術を用いたドライバーステータスモニター 

【運転行動からのドライバの状態、意図の推定技術】 
 ・ステアリングのグリップ力からのドライバ状態の推定
 ・車両挙動からのドライバの歩行者への気付き推定
 ・ドライバの運転動作の計測とドライバモデルの構築 

【運転中の疲労、体調不良の検出、推定技術】 
 ・運転疲労の評価指標と評価のポイント
 ・血圧、心拍によるドライバ緊張、疲労の評価と推定
 ・脳活動による運転時疲労の計測と定量的評価
 ・ドライバの体調不良検知技術と自動運転システムの開発 

【顔画像解析によるドライバ状態の推定技術】 
 ・ドライバの顔画像を用いた眠気状態の推定技術
 ・ドライバの顔面熱画像による眠気の評価方法
 ・顔表情による焦り、イライラの検出技術
 
2016年4月28日
本体80,000円+税
本体30,000円+税
  ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
485頁
A4
技術情報協会
 
 
執筆者計53名
居眠り運転の発生メカニズム
生体情報によるドライバの眠気検知、推定技術と運転支援への応用
生体情報によるドライバの疲労、負荷の計測、推定技術と運転支援への応用
視線、瞬目解析によるドライバ状態の検知、推定技術と運転支援への応用
顔画像からのドライバ状態の検知、推定技術と運転支援への応用
ドライバの心理状態の検出技術
ドライバの挙動の推定と状態検知技術
運転行動からのドライバの状態、意図の推定技術と運転支援への応用
アルコールの検知技術と飲酒運転防止への応用
脳波による運転者認証とその評価
 
 
 
ドライバ状態の検出、推定技術と自動運転、運転支援システムへの応用 Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.