グリーンケミストリーシリーズVol.1 マイクロ波の新しい工業利用技術 〜ナノ・微粒子製造から殺菌・環境修復まで〜
 
化学・化学工学
 エヌ・ティー・エス主催「マイクロウエーブケミストリーの新展開」セミナー(2003年7月)を編集。
マイクロ波は加熱法としての利用のほか、高速生産、不純物含量の低下、廃棄物減少、品質の向上、製造システムの小型化、省エネルギーなどの優れた特徴が期待できるため、実験・製造現場の大変革をもたらすものとして非常に注目されている。
 本書では、循環型社会における優れたプロセス開発に向け、マイクロ波の基礎理論、新しい利用法、装置の動向を解説する。
 
2003年11月1日
本体46,200円+税
324頁
B5判 上製
ISBN4-86043-036-0
 

マイクロ波化学の現状と応用展望
 
セラミック炉を例とした省エネルギー
工業加熱
柳田 祥三  大阪大学 佐藤 元泰  文部科学省核融合科学研究所
 

マイクロ波の基礎理論
 
難分解性有機化合物の無害化処理技術
―含ハロゲン化合物を処理する―
二川 佳央  国士舘大学 和田 雄二  大阪大学大学院
 

赤絵具用α-Fe2O3微粒子の
マイクロ波水熱合成
 
マイクロ波照射の殺菌原理と照射効果
勝木 宏昭  佐賀県窯業技術センター 佐藤 誠吾  筑波大学
 

マイクロ波を利用した
高機能性材料の高速製造プロセス
 
マイクロ波と紫外線の併用による
活性酸素連続発生装置
加藤 俊作  (財)かがわ産業支援財団
高温高圧流体技術研究所
川島 徳道  桐蔭横浜大学
 

マイクロ波照射による無機材料合成
 
マイクロ波照射を利用した再沈法による
有機ナノ結晶の作製と物性評価
滝沢 博胤  東北大学 笠井 均  東北大学
 

グリーンケミストリーと
マイクロ波有機合成反応
 
マイクロ波応用装置の用途・動向
徳田 昌生  北海道大学 篠塚 秀利  ミクロ電子(株)
 
Copyright (C) 2003 NTS Inc. All right reserved.