化学・化学工学 試読不可
試料の構造上 何が変わると,測定結果のどの部分がどのように変わり,それはなぜなのか ?
粘弾性特性データを製品開発や品質管理に活用する”ノウハウ”を解説!
 


2016年1月29日
本体80,000円+税
本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
399頁
A4
技術情報協会
 
執筆者 計55名
 
 

測定を始める前に

新しい動的粘弾性の測定法,シミュレーション

高分子、複合材料の動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例

動的粘弾性測定データを活用した成形、加工プロセスの条件設定、評価

ペースト、コーティング剤、粘・接着剤の動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例

ガラスの動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例

食品の動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例

香粧品の動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例

生体組織の動的粘弾性測定とそのデータ解釈事例
 
 
動的粘弾性チャートの解釈事例集 Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.