新刊 化学・化学工学
多形現象の理解とその制御技術は、機能素材開発における戦略上の鍵!

多形結晶(polymorph)とは、同一化合物でありながら、結晶中の分子配列が異なるものを指す。
化合物の無機・有機を問わず、すでに多くの多形が知られているが、近年の医薬分野などにおけるさまざまな分析法の進歩とともに、ますます多くの報告がなされている。
本書は、「多形現象」の本質を明らかにするため長年系統的な研究を重ね、国際論文誌を中心に報告を行ってきた筆者による、研究成果の集大成と呼べる1冊である。
 
2018年3月
本体30,000円+税
約350頁
B5
(株)エヌ・ティー・エス
978-4-86043-517-2 C3043
 
執筆者 北村 光孝
北村多形制御研究所(元兵庫県立大学大学院工学研究科 教授 / 元オランダ デルフト工科大学 客員教授)
 
 
はじめに   
基礎編   

晶析の基礎

晶析における添加物効果の基礎と実際

結晶多形現象の基礎
応用編   

多形制御因子とメカニズム

アミノ酸の多形現象と制御因子

多形現象における添加物効果

反応晶析における多形現象と制御因子

貧溶媒晶析における多形現象と制御因子

分子構造(置換基)と結晶構造ならびに多形現象の相関

多形現象における溶媒効果ならびに分子構造との相関

包接結晶の多形現象と制御因子

多形制御における種晶効果および界面、超音波の影響

超臨界流体を用いる晶析による粒径ならびに多形制御
おわりに    
文献    
索引    
 
※ 2017年12月現在。変更の可能性があります
 
 
多形現象と制御技術〜晶析と多形の基礎から多形制御の実際まで〜 Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.