新刊 高分子 試読不可
日本、中国、韓国、台湾、タイ、インドネシア、ベトナム、インドの8ヶ国、日本とアジアの市場を徹底解明!
掲載表396点、掲載各国ごとに素材別、用途別、サプライヤー別に需要実績と予測を詳細に分析!
アジアのハイレトルトCPPシーラントフィルム市場も、国別・サプライヤー別に詳細に分析!
凸版印刷・アトランタ稼働開始で「北米、欧州への輸出激減」もアジア向け影響なし!
コンビニPBが変える「透明バリアーフィルム勢力地図」
外袋(大袋)バリアーか、個別(個包装)バリアーか。エンドユーザーの判断がバリアーフィルムメーカーの明暗を分ける
「賞味期間延長ニーズは我々が推し進める!」フィルムメーカーと軟包装コンバーターが積極的に行う、エンドユーザーへのバリアーパッケージ化への提案
アジアは透明蒸着フィルムの立上げラッシュ!インドネシアは東洋紡とトリアスセントーサの合弁で2019年秋に本格稼働。蒸着+コートタイプ。蒸着+コートタイプは東南アジアではDNPインドネシアに次いで二番目
東南アジア各国の透明バリアーフィルムの主要用途は「レトルト」。食品、ペットフード、ベビーフードなど多岐にわたる
    【書籍+CD-ROMセットはこちら】
2018年4月9日
本体85,000円+税
209頁
A4
S&T出版
978-4-907002-71-8 C3058
 
【企画・編集】 S&T出版(株) 編集部
 

総論-日本とアジアのバリアー包装材料市場の動向
1. 日本のバリアー包装材料市場の概要
2. アジアのバリアー包装材料市場の概要
3. GDP動向、中間富裕層規模、失業率、主要包装材料市場規模、包装材料成長率
4. バリアー包装材料市場規模実績
5. バリアー包装材料の将来展望
6. ハイレトルトCPPフィルムのサプライヤー別需要動向

日本のバリアー包装材料市場動向と将来展望
1. 日本のバリアー包装材料市場の動向と将来展望
2. アルミ蒸着フィルム市場の動向と将来展望
3. PVDCコートフィルム市場の動向と将来展望
4. EVOH系多層フィルム市場の動向と将来展望
5. 透明蒸着フィルム市場の動向と将来展望
6. ハイブリッドバリアーコートフィルム市場の動向と将来展望
7. その他バリアーフィルム市場の動向と将来展望
8. ハイレトルトCPPフィルム

アジア主要国別バリアー包装材料市場動向と将来展望
1. 中国・台湾のバリアー包装材料市場の動向と将来展望
2. 韓国のバリアー包装材料市場の動向と将来展望
3. タイのバリアー包装材料市場の動向と将来展望
4. インドネシアのバリアー包装材料市場の動向と将来展望
5. ベトナムのバリアー包装材料市場の動向と将来展望
6. インドのバリアー包装材料市場の動向と将来展望
 
 
※購入方法について
 
 
日本とアジアのバリアー包装材料 〜実態と将来展望〜 Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.