新刊 高分子 CD-ROM 試読不可
<本書の特徴>
自動車用プラ部品の開発・採用動向をビジュアル(写真)解説!
自動車用のプラスチックを具体的により深く知るために編集!
自動車部品向けプラスチックの部位別、 材料別の採用動向を写真と共に解説!
次世代自動車用プラスチック部品の開発・採用動向を写真とともに紹介!
2018年4月12日
本体90,000円+税
370頁+CD-R
A4
CMCリサーチ
ISBN 978-4-904482-46-9 C3058
 
 

世界の自動車市場
1.1 自動車の市場概況
1.2 国内・世界の生産台数推移
1.3 国内・世界の生産台数の予測

最近の注目すべきプラスチック関連技術
2.1 プラスチックの分類と日本の生産動向
2.2 自動車用プラスチック需要量と今後の動向
2.3 各種プラスチックの特性比較
2.4 プラスチックの最近の技術動向
2.5 材料開発
2.6 成形加工技術
2.7 その他の重要な技術開発

自動車用プラスチックの用途展開動向
3.1 汎用熱可塑性樹脂
3.2 汎用エンプラ
3.3 スーパーエンプラ
3.4 熱硬化性樹脂
3.5 その他プラスチック

自動車用プラスチック構成部品と用途例
4.1 内装部品
4.2 外装部品(フロント周辺、エアロパーツなど)
4.3 エンジンルーム内部品
4.4 燃料系部品
4.5 駆動系の部品
4.6 その他の部品
4.7 次世代自動車(EV、HEV、FCVなど)の新規部品
 
 
※購入方法について
 
 
自動車用プラスチック部品の開発・採用の最新動向 2018 Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.