ナノテクノロジー
カーボンナノチューブの発見から四半世紀、グラフェンが注目されて10年の節目に、今後の進展につながる用途開発と基礎的な分野を概観する1冊。
大量生産が可能となりコストダウンしてきたカーボンナノチューブ・グラフェンの最新応用研究と用途開発の最前線を追う。
2016年9月16日
本体60,000円+税
480頁
B5
(株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-456-4
 
監修  丸山 茂夫
序 論
第1編 製造/分散/評価技術

CNT・グラフェンの合成技術

分散技術

分離技術

分析/評価技術
第2編 用途開発

用途開発の現状と展望

導電材料開発

半導体デバイス開発

複合材料開発

CNT スピニング技術

その他用途開発
第3編 リスク管理と評価

ナノマテリアルのリスク評価と法規制の動向

ナノマテリアルの工業化における安全指針

労働環境における炭素系ナノマテリアルのリスク管理
 
 
カーボンナノチューブ・グラフェンの応用研究最前線 
〜製造・分離・分散・評価から半導体デバイス・複合材料の開発、リスク管理まで〜
Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.