創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学
 
新刊 バイオ・メディカル 試読不可
★ 将来に起こりうる”パンデミック”、”感染症拡大”防止を
  見据えた創薬研究のヒントが!
★ 最新のメカニズム、iPS細胞を用いたCOVID-19治療薬の検証、
  今注目すべきが研究がココに!



■ 本書のポイント

●ウイルスの最新のメカニズム研究と創薬に向けた取り組み
  ・ウイルス増殖、病原性発現メカニズム
  ・ウイルスの細胞への侵入メカニズム
  ・ウイルスの薬剤耐性メカニズム
  ・ウイルスに対する免疫応答

●感染モデルの作製、ウイルス人工合成技術、培養技術の創薬
 への活用
  ・ウイルス感染モデルの作製と薬剤評価
  ・iPS細胞を用いたCOVID-19治療薬の検証
  ・創薬研究用ウイルスの培養方法と活用法
  ・ウイルスを構成するタンパク質の構造解析


●ワクチン・抗ウイルス薬の開発最前線と薬事戦略
  ・mRNAワクチン、中和抗体、感染阻害ペプチド など
  ・抗ウイルス薬・ワクチンの審査報告書に学ぶこと
  ・最近のワクチン評価方法とその話題
  ・ワクチン評価ガイドラインの運用面での理解


●遺伝子治療におけるウイルスベクターの調製と活用法
  ・アデノ随伴、レンチ、センダイウイルスベクターの作製と
   活用法
  ・腫瘍溶解性アデノウイルスの免疫治療への応用
  ・ウイルスベクターの分子構造、高次構造、分散度解析手法

 
発刊日 2021年8月31日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 601頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-855-5
 

執筆者計101名


■章タイトル
第1章 ウイルス増殖機構、病原性発現の分子メカニズム
第2章 ウイルスの細胞侵入プロセスの解明
第3章 創薬のためのウイルスを構成するタンパク質の構造解析
第4章 創薬のためのウイルス感染モデルの作製と薬剤評価
第5章 ウイルスの人工合成技術
第6章 創薬研究用ウイルスの培養方法と活用法
第7章 ウイルス安全性評価試験
第8章 ワクチンの力価試験の設定方法
第9章 遺伝子治療を目的としたウイルスベクターの調製と活用法
第10章 ウイルス疾患に対するワクチン・抗体・阻害剤開発
第11章 治療薬製造販売承認までのプロセスとポイント

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
創薬研究者・アカデミア研究者が知っておくべき最新の免疫学とその応用技術
抗ウイルス・抗菌製品開発
〜基礎、作用メカニズムから評価、認証、商品化まで〜
膜タンパク質工学ハンドブック
創薬研究者がこれだけは知っておきたい最新のウイルス学 Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.