エネルギー・電気
産業分野における余剰エネルギーの利用と、民生分野におけるエネルギーの有効利用を実現するための「熱エネルギー」「電気エネルギー」「化学エネルギー」の貯蔵および輸送技術の開発動向、系統連携技術を、応用面や事例とあわせて解説!
 
 
 
PDF形式のファイルをご覧いただくには、お使いのブラウザにAcrobat Readerがインストールされている必要があります。
2008年6月5日
本体47,600円+税
508頁
B5
ISBN978-4-86043-157-0
 
 執筆者 計39名
 
第1編 エネルギー貯蔵・輸送技術の開発動向
 
第2編 電気エネルギー編

電池電力貯蔵技術

電力貯蔵技術

経済性からみた電力貯蔵システムの評価

新しい電力供給システム
 
第3編 熱エネルギー編

潜熱蓄熱材、化学蓄熱材の開発動向

潜熱の蓄熱輸送技術

顕熱の蓄熱と輸送技術

吸収・吸着熱輸送

熱音響エネルギー変換技術
 
第4編 化学エネルギー編

水素貯蔵・輸送技術

水素吸蔵・輸送技術〜水素吸蔵合金・水素貯蔵材料〜

エネルギー貯蔵材料としての有機ハイドライドと再生型水素電池の開発

DME
 
第5編 トライジェネレーションと熱・電気一体エネルギー貯蔵技術

トライジェネレーションシステムと熱・電気一体貯蔵

トリジェネレーション

太陽光励起レーザー/ 水/ マグネシウムエネルギー供給システム

酸化物熱電発電技術の新展開
 
第6編 エネルギー貯蔵輸送の展望〜エネルギー政策・市場から見た事業開発〜
 
Copyright (C) 2007 NTS Inc. All right reserved.