エネルギー・電気 試読不可
熱バッテリー実用化への技術ポイントを解説
 
2018年1月25日
本体50,000円+税
145頁
B5
S&T出版
978-4-907002-69-5 C3058
 
 
 ■監修 小林敬幸(名古屋大学)
 
 

熱を化学的に蓄える「熱バッテリー」技術

高性能蓄熱材料/蓄熱システムの開発動向
第1節 蓄熱・ヒートポンプ技術の理論と作動原理
第2節 硫酸カルシウム系
第3節 酸化マグネシウム系化学蓄熱材
第4節 酸化カルシウム
-化学蓄熱・ケミカルヒートポンプシステムおよび材料の実用化開発-
第5節 固体-固体相転移蓄熱セラミックス
第6節 非流動型有機系潜熱蓄熱材
第7節 高温用潜熱蓄熱・熱輸送材料
第8節 流動性のある潜熱蓄冷・蓄熱材
第9節 潜熱輸送スラリー
第10節 二酸化バナジウム系
第11節 潜熱蓄熱材料の計算科学

応用事例
第1節 地域エネルギー利用(廃棄物処理施設)
 
 
蓄熱システム/蓄熱材料の実用化技術略 Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.