全固体リチウムイオン電池の展望
〜正・負極材と材料・部材のパラダイムシフト〜 CDセット
 
新刊 エネルギー・電気 CD-ROM 試読不可

 ○ EV1000万台/-年800GWhの電池は液系か全固体か
 ○ 電解液レス、パレータレス全固体電池の安全レベルは
 ○ 固体電解質と正・負極材との界面形成の方法と限界は
 ○ 全固体電池は円筒、角槽あるいは積層(ラミネート)
 ○ エネルギー特性vs.パワー特性、全固体の得意、不得意は
 ○ 現行液系リチウムイオン電池の限界と全固体電池による
   打開は
 ○ 全固体の電池コスト、サイクル寿命と安全性規格への
   対応は何処までか・・・

 
  【書籍版のみはこちら】
発刊日 2018年8月1日
定 価 本体100,000円+税
頁 数 372頁+CD
造 本 A4
発行所 (株)シーエムシー・リサーチ
 
調査・執筆 菅原 秀一

第1章 単元・多元系正極材、新規負極材の特性と電極板製造の隘路
第2章 全固体リチウムイオン電池への期待と展望(電池/セル)
第3章 安全性問題、規格・規制と安全試験の概要
第4章 全固体リチウムイオン電池の可能性
第5章 電池原材料の試算と市場


 
 
※購入方法について
 
 
全固体リチウムイオン電池の展望
〜正・負極材と材料・部材のパラダイムシフト〜 CDセット
Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.