EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021 
冊子+CDセット 〜特性、規格、安全性とビジネス動向〜
 
新刊 エネルギー・電気 CD-ROM 試読不可
<本書の特徴>
◆ 2031年のEV電池は世界で約2000GWh・・その元素資源の行方は
◆ 貴重な元素資源Co、NiとLiは再度正極材へ
◆ 破損・廃棄したEV電池の産業廃棄物処理のルールと規制
◆ EVのリユース電池、その安全性は誰がどのように担保する
◆ 60歳停年でパワーが出なくてなったEV電池のその後
◆ 廃電池の一括集約と処理にバーゼル法の規制

 
  【冊子版はこちら】
 
発刊日 2021年6月16日
定 価 本体95,000円+税
頁 数 226頁+CD
造 本 A4
発行所 CMCリサーチ
 
■調査・執筆 菅原秀一

■章タイトル

第1章 EVの生産と電池のGWh総量、2020〜2030 
第2章 EV用電池の特性(Wh、W)、サイクルXと寿命推定√X 
第3章 電池の法規制、規格、認証と安全性試験 
第4章 電池のリユース、リサイクルと開発事例 
第5章 廃電池のリサイクル、元素資源と正極材合成のリンク 
第6章 特許公開から見た廃電池処理技術と解析 
第7章 (資料1)電池に含まれる化学物質の理化学と法規制 
第8章 (資料2)単電池*の外装**(容器)と内部電極の構造 
第9章 (資料3)EV電池システムの構成と冷却方式 
第10章 (特別寄稿)リチウムイオン電池のリサイクル技術開発動向 
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
ポストリチウムに向けた革新的二次電池の材料開発
全固体リチウムイオン電池の実用化と新たな材料市場
リチウムイオン電池の安全性確保と関連する規制・規格と表示ルール2021
 
 
EV用リチウムイオン電池のリユース・リサイクル2021 
冊子+CDセット 〜特性、規格、安全性とビジネス動向〜
Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.