カーボンナノチューブの表面処理・分散技術と複合化事例
 
ナノテクノロジー 試読不可
■ 本書のポイント
◆カーボンナノチューブの製造、表面処理、分散技術
 ・低圧力、低温、高速でCNTを合成、成長させるには?
 ・構造、直径の制御技術
 ・粉砕表面処理、表面化学修飾、表面欠陥導入の方法を
  徹底解説
 ・物理修飾、化学修飾のポイントは?
 ・他材料との複合時に特性を維持するには?
 ・CNTの分散メカニズムは? 再凝集させずに分散を
  安定させる手法は?
◆カーボンナノチューブの応用事例
 ・熱電変換、電池材料、光触媒としての応用
 ・導電材、アクチュエータ、メモリデバイスとしての応用
 ・センサの開発、センシング技術の動向
 ・透明導電材、ナノワイヤー、光学材料としての応用
◆カーボンナノチューブの特性評価技術
 ・基礎物性、粒子径、切断状態、長さ、直線性の評価
 ・分散状態、凝集状態、界面特性の評価
 ・強度、機械的特性、電気特性、熱特性、熱抵抗の評価
 ・安全性、毒性評価の基準、規制、研究の動向を詳解
 



発刊日 2019年12月27日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 456頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-772-5
 
執筆者計54名


■章タイトル

第1章 カーボンナノチューブの特性と作製技術
第2章 カーボンナノチューブの分離・精製
第3章 カーボンナノチューブの分散性向上に向けた表面加工処理
第4章 カーボンナノチューブの分散技術
第5章 カーボンナノチューブを利用した機能性材料の開発
第6章 カーボンナノチューブを利用したエネルギー材料の開発
第7章 カーボンナノチューブを利用した電子材料の開発
第8章 カーボンナノチューブを利用したセンサの開発、センシング技術
第9章 カーボンナノチューブを利用した発光・光学材料の開発
第10章 カーボンナノチューブの特性評価技術
第11章 カーボンナノチューブの安全性評価
 
 
※購入方法について
 
 
★関連書籍のご案内
セルロースナノファイバー 研究と実用化の最前線
 
カーボンナノチューブの表面処理・分散技術と複合化事例 Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.