. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


X線CTを用いた種々の製品の3次元構造評価から経時変化・応力変形解析への応用
【LIVE配信】


■開催日時:2022年01月13日(木) 13:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、39,600円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:(株)KRI 解析研究センター 副センター長 博士(工学) 本間 秀和 氏

 <ご専門>
  高分子の分析科学(特にポリエチレンの耐久性評価)

 <学協会>
  成形加工学会、マテリアルライフ学会

 <ご略歴>
  1990年3月 大阪大学理学部化学科 卒業
  1992年3月 大阪大学理学研究科修士課程 修了
  2018年3月 京都工芸繊維大学 工芸科学研究科 先端ファイブロ専攻科 博士号 取得
  1992年4月〜1996年2月 大阪ガス株式会社 基盤研究所 分析評価センター(PE管などの
        有機材料の構造評価担当)
  1998年2月〜2000年3月 岩谷産業株式会社 技術部(ディーゼルエンジン用LPG燃料の開発)
  2000年7月 KRI 解析研究センター
  現在 構造解析室長/副センター長

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
(株)KRI 解析研究センター 主任研究員 専門士 大澤 拓児 氏

 <ご専門>
  X線CTを用いた内部構造解析と触媒評価

 <ご略歴>
  1996年4月〜1998年3月 創輝株式会社(ガスエンジン等の組立、完成検査他)
  2000年4月〜2019年2月 エヌ・イーケムキャット株式会社(自動車用触媒等における化学分析、
             及び物性解析評価)
  2019年3月 KRI 解析研究センター
  現在 主任研究員

■受講対象・レベル:
・品質管理で非破壊検査を担当している方
・プラスチック材料の成形を担当している方
・GFRPなどの複合材料を研究開発している方
・プラスチック部品、電子基板、電池などの不具合分析を担当している方
 
■習得できる知識:
・X線CTの特徴と有効な評価内容
・電池、基板、高分子成形品など種々の製品への評価方法
・高分子成形品の欠陥解析などの画像解析方法
・CADやシミュレーションと連動させた解析手法
 
■趣旨:
 X線CTは非破壊で3次元構造を詳細に解析できる有効な分析法であり、最近の装置ではpレベルから
μmレベルまでの材料に幅広く適用できるようになっている。またPCやソフトの能力向上から、
各種の画像処理とともにシミュレーションやCADと組わせた評価の実用性も高くなってきた。
 本講義においてはX線CTの原理から各種装置の特徴を述べるとともに金属、無機、高分子などの
さまざまな製品の内部構造や経時変化を解析した例を紹介することによりX線CTの材料評価法と
しての有用性を紹介する。またシミュレーションと組み合わせた評価例を紹介し、X線CT解析の
今後の展開についても述べる。講演ではCT解析結果の静止画だけでなく動画の実例や画像解析を
実際に作業している工程を見せながら行う。


1.X線CTの概要
 1-1.X線CTの原理と特徴
 1-2.各種X線CT装置の紹介
 1-3.X線CTの測定時の注意点と有効性

2.X線CTの実例紹介
 2-1.各種材料のX線CT解析事例
 2-2.X線CTデータの画像解析方法
 2-3.X線CTデータの活用(動画など)

3.X線CTとシミュレーションを組み合わせた構造変化解析
 3-1.繊維配向の引張応力による変化
 3-2.荷重によるプラスチックの変形
 3-3.内圧によるプラスチック容器の形状変化

スケジュール
13:00〜13:50 講義
13:50〜14:00 休憩
14:00〜15:00 講義
15:00〜15:10 休憩
15:10〜16:00 講義

※講義の進行状況により多少前後いたします。


Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.