. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【Live配信・WEBセミナー】光学フィルムの基礎・原理・要求特性と応用展開
〜量子ドット・マイクロ LED ディスプレイを見据えての今後の展望〜

■日時:2021年02月22日(月) 14:00〜17:00

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:33,000円(税込、テキスト費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:(株)FT−Net 取締役副社長 技術士(応用理学) 青崎 耕 氏

■講演主旨:
 ディスプレイ向け光学フィルムは、液晶ディスプレイ(LCD)をはじめとして欠かせない
機能を果たしており、全世界で数兆円(年間)という巨大な市場を形成している。
 当セミナーでは、現在の光学フィルム技術の基礎を把握したうえで、技術動向・アプリケー
ション展開等について解説し、将来のトレンドを展望する。
 まずは光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの分子構造や光学的機能について解説
を行う。講師の専門である「フッ素化学」が果たす役割についても紹介する。
 次に、各種光学フィルムの基礎原理・特徴や、技術・市場動向等について触れる。
 最後に、今後期待される車載ディスプレイやARなどの用途も含め、量子ドットやマイクロ
LEDディスプレイなどの新方式も見据えて、光学フィルムの今後の展開・可能性等について言及
する。


1.光学フィルムを構成するフォトニクスポリマーの概要
 1) 光学機能とフォトニクスポリマーの分類
 2) 光学フィルム用フォトニクスポリマーについて(分子構造、光学特性)
   ・PMMA
   ・PC
   ・PS
   ・PET
   ・PVA
   ・TAC
   ・COP
   ・透明PIなど
 3) フッ素系フォトニクスポリマーの活用(役割、付与される機能・特性等)
2.ディスプレイ光学フィルムの基礎と市場
 1) フラットパネルディスプレイ及び光学フィルムの歴史・変遷
 2) ディスプレイ光学フィルムの種類・機能と市場動向
 3) ディスプレイ光学フィルムの原理・特徴(個別紹介)
  a) 偏光板
   ・位相差
   ・直線偏光
   ・円偏光
   ・楕円偏光
  b) 反射防止フィルム
   ・光学薄膜による多層コート原理
  c) 輝度向上フィルム
  d) 複屈折制御フィルム
   ・複屈折ゼロ
   ・超複屈折
  e) その他のディスプレイ光学フィルム
3.今後のディスプレイに向けた光学フィルムの応用
 1) ディスプレイに共通する光学フィルムの機能・技術トレンド
   ・フレキシブル
   ・指紋付着防止(防汚)
   ・モスアイ反射防止
   ・ナノインプリント
   ・触覚フィードバック技術
   ・高耐久化など
 2) 各種用途における光学フィルムの応用展開と今後の可能性
       〜その役割と要求特性、課題等〜
  a) 車載用ディスプレイ
   ・大型化
   ・曲面化
   ・ヘッドアップディスプレイ
   ・透明化
   ・電子ミラーなど
  b) 量子ドットシート
   ・市場動向
   ・防湿保護機能など
  c) 有機ELディスプレイ
   ・特有の反射防止方式
   ・発光材料と層形成技術など
  d) マイクロLEDディスプレイ
   ・技術開発動向
   ・フレキシブル化の可能性など  
  e) ARディスプレイ、スマートグラス 

【質疑応答】


Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.