. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【Live配信・WEBセミナー】
食品用器具・容器包装におけるポジティブリスト制度と
リスク管理のポイント


■日時:2021年02月26日(金) 13:30〜17:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、資料作成費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:塩ビ食品衛生協議会 常務理事 石動 正和 氏

■講演主旨:
 食品接触材料の管理制度はポジティブリスト(PL)が主流になりつつある。世界で初めて
設立されたPL制度は1958年米国FDAによる申請認可(FAP)制度であり、この制度は一定期間
で事実上認可が得られる2000年届出(FCN)制度に発展した。一方EUは20数年の検討を経て
2011年プラスチック規則(PIM)を公布した。その原理が明確であったため発展途上国を含め
各国に広がり事実上世界標準となっている。 中国はこのPIMの原理に基づき国家標準を整備
してきた。日本政府はこうした国際動向により、米国と欧州の制度を比較参照しながら、衛
生協議会の実績を踏まえ新たなPL制度を設計した。この制度は2020年6月1日施行され、同日
この分野全体を対象にした食品接触材料安全センターが設立された。本セミナーではこうし
た食品接触材料製品の海外国内動向に基づき、 関連企業が今後取り組むべき課題と対応の
注意点を整理して紹介する。


1.ポジティブリスト制度とネガティブリスト制度

2.米国
 2-1.食品接触材料申請登録(FAP)制度
 2-2.食品接触届出(FCN)制度

3.欧州
 3-1.プラスチック規則(PIM)
 3-2.ガイドライン
 3-3.欧州プラスチック戦略と規制案

4.中国
 4-1.食品安全法と施行条例改正案
 4-2.食品安全国家標準と改正案
 4-3.食品接触輸入製品申請登録制度

5.韓国
 5-1.食品衛生法と輸入食品安全管理特別法
 5-2.器具・容器包装関連法制度の改正方針
 5-3.輸入器具・容器包装の申請登録制度

6.台湾
 6-1.輸入器具・容器包装の届出制度

7.日本
 7-1.食品安全基本法と食品衛生法
 7-2.衛生協議会の自主規格と確認証明制度
 7-3.食品用器具及び容器包装のPL制度
 7-4.(一財)化学研究評価機構食品接触材料安全センター

8.日本企業が取り組むべき課題と対応の注意点

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.