. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


ヘルスケア領域における共同研究開発の進め方と押さえておくべきポイント【LIVE配信】


■開催日時:2021年04月28日(水) 13:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、46,200円(税込)へ割引になります。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:LPSコンサルティング事務所 代表 田村 弘志 氏

博士(学術)、Ph.D.
【専門】
エンドトキシン・(1→3)-β-D-グルカン、生体防御・自然免疫
【略歴】
1978年に生化学工業(株)に入社、東京研究所(現中央研)に配属後、
グラム陰性菌内毒素(エンドトキシン)及び(1→3)-β-D-グルカンの
高感度定量法を世界に先駆け開発、米国子会社への技術移転、日本発の
革新的診断薬の海外展開、創薬シーズも含む国内外の特許権取得等に
中心的役割を担う。
2013年にLPSコンサルティング事務所を開設。順天堂大・非常勤講師のほか、
東京薬大 客員研究員・非常勤講師、株式会社PropGene 顧問、Garson 
Lehrman Groupカウンシルメンバー、日本DNAアドバイザー協会(DAAJ)会長、
日本バイオベンチャー推進協会(JBDA)専務理事・事務局長の
要職を担う。

【学会活動等】
・日本バイオベンチャー推進協会 専務理事・事務局長
・日本DNAアドバイザー協会会長
・日本エンドトキシン学会 ・国際エンドトキシン自然免疫学会
・内毒素LPS研究会 運営委員 ・日本細菌学会産学連携推進委員会委員
・日本医真菌学会プログラム編集委員(2016) ・トキシンシンポジウム
・日本感染症学会 ・日本生化学会
・Int J Mol Science (IF4.556) ゲストエディター(2020)ほか海外学術誌
 エディター・ピアレビューア

■習得できる知識:
〇 共同研究開発に関する契約業務に必要な法知識
〇 知的財産(とくに特許)に関する基礎知識とその活用
〇 オープンイノベーションの概念と研究開発の在り方

■趣旨:
 共同研究開発は、通常、それに伴うコストの軽減やリスク分散、事業者間に
おける基盤技術の相互補完を通して、研究シーズの発展と技術革新を促すもの
が望ましい。
 医薬品、医療機器業界における研究シーズの評価には、シーズの目利きと
ニーズのマッチングがきわめて重要となる。

 本講座では、上記のようなシーズの見極め方、共同研究開発の果たすべき
役割とイノベーションの創出、出口(事業化)戦略のポイント、プロジェクトの
効率的な進め方と課題、契約上の留意点やトラブル事例への対応策、
アントレナーシップを有する優れた人材育成と将来展望などを講師自らの経験と
実例を交えて解説します。




 1.研究シーズの見極め方と事業化における留意点
  1-1 シーズの目利きの重要性
  1-2 目利きのできる人できない人、何が違うのか
  1-3 成功に導くアイデアの創出
  1-4 研究開発、事業創出の実現可能性、出口戦略
  1-5 出口(事業化)につながらない要因と解決へのアプローチ
  1-6 事業の新規性、市場性、収益性、持続・発展性

 2. 共同研究開発で押さえておくべきポイント
  2-1 民間企業同士の共同研究開発
   2-1-1 特許権の発生
   2-1-2 職務発明
   2-1-3 権利関係(共有・単独保有)ほか
  2-2 産学官連携における共同研究開発
   2-2-1 産業技術力強化法(日本版バイ・ドール法)
   2-2-2 利益相反
   2-2-3 贈収賄罪ほか
  2-3 オープン・イノベーションの推進と課題
  2-4 コンパニオン診断薬開発等におけるオープンイノベーション
  2-5 成功事例とトラブル・失敗事例に学ぶ

 3. コア技術の活かし方と新規テーマ創出のポイント
  3-1 価値創造プロセスとゲーム・チェンジャー
  3-2 新規事業創出のためのアイデア
  3-3 企業と大学をつなぐ優れたコーディネータ、知的財産人材の育成

 4. 共同研究開発、委託研究における契約上の留意点
  4-1 秘密保持契約における留意点
  4-2 共同研究契約時における条項及び注意点
   4-2-1 開発費用の分担
   4-2-2 不実施補償
   4-2-3 第三者への委託ほか
  4-3 共同出願契約時におけるポイント
   4-3-1 改良発明の帰属とその取り扱い、第三者へのライセンス許諾ほか
   4-3-2 共同研究開発における中止と離脱をめぐるトラブルと対策

 5. 大手・ベンチャーにおけるイノベーション
  5-1 共同研究開発の果たすべき役割とイノベーションの創出
  5-2 課題の発見とイノベーションにつながる発想
  5-3 アントレナーシップを育てる環境作り
  5-4 革新的シーズ・コア技術、ニーズに基づく事業モデル
  5-5 事業の立ち上げ・持続・発展プランとファイナンス
  5-6 将来展望

 6. 質疑応答及び意見交換

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.