. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


微生物を利用した二酸化炭素資源化技術の現状、
および新技術の概要や展望


■開催日時:2022年6月3日(金) 13:30〜16:30

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。


■受講料:44,000円(税込)  * 資料付
*メルマガ登録者 39,600円(税込)
*アカデミック価格 26,400円(税込)

★ アカデミック価格:学校教育法にて規定された国、地方公共団体および
 学校法人格を有する大学、大学院の教員、学生に限ります。
★【メルマガ会員特典】2名以上同時申込かつ申込者全員メルマガ会員登録を
 していただいた場合、1名あたりの参加費がメルマガ会員価格の半額となります。
★ お申込み後のキャンセルは基本的にお受けしておりません。ご都合により
 出席できなくなった場合は代理の方がご出席ください。

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:
加藤 創一郎 氏
国立研究開発法人 産業技術総合研究所
生物プロセス研究部門 主任研究員
(兼) 北海道大学農学院 基礎環境微生物学分野 客員准教授
(兼) 大阪大学 太陽エネルギー化学研究センター 招聘准教

【講師経歴】
 2006年:東京大学大学院 農学生命科学研究科にて学位取得(博士(農学))
 2006年〜2008年:海洋バイオテクノロジー研究所・微生物利用領域・博士研究員
 2008年〜2011年:JST/ERATO ・橋本光エネルギー変換システムプロジェクト・博士研究員
 2011年〜現在:産業技術総合研究所・生物プロセス研究部門・研究員(2017 年より主任研究員、
        2022年より上級主任研究員)
 2012年〜現在:北海道大学大学院 農学院・客員准教授を兼任
 2016年〜現在:大阪大学 太陽エネルギー化学研究センター・招聘准教授を兼任

【研究歴】
 微生物によるセルロース分解、原油分解、メタン生成、電気生産、二酸化炭素固定などの基礎
および応用研究

【所属学会】
 日本農芸化学会、日本微生物生態学会、日本生物工学会

【著書など】
 微生物による発電・水素生産技術(2021、シーエムシー出版)(分担)
 難培養微生物研究の最新技術 III -微生物の生き様に迫り課題解決へ-(2015、シーエムシー
出版)(分担)
 環境と微生物の事典(2014、朝倉書店)(分担)
 微生物燃料電池による廃水処理システム最前線(2013、潟Gヌ・ティー・エス)(分担)
 マリンメタゲノムの有効利用(2009、シーエムシー出版)(分担)

■趣旨:
 生物を利用した二酸化炭素資源化技術は、無機触媒技術と比較し反応速度には劣るが多様な
有機物(ポリマー原料、液体燃料、食料)を合成可能という絶対的なアドバンテージを持つ。
しかし現行の光合成生物を利用する技術では、低い反応速度(生産性)、食料との競合、多量の
水の要求といった課題がある。本セミナーでは、それらの課題を解決しうる新技術として、光の
代わりに電気、および電解により得られる水素等をエネルギー源とする非光合成微生物を用いた
二酸化炭素資源化技術を紹介する。

■セミナー対象者:
 マテリアル関連企業(バイオポリマー生産、電極素材生産等)
 エネルギー関連企業(バイオ燃料生産、排出二酸化炭素利用等)
 建設・重機等関連企業(リアクター製造)
 食品・畜産・養殖関連企業(食料・飼料代替品の生産等)

■セミナーで得られる知識:
 微生物を利用した二酸化炭素資源化技術の現状、および新技術の概要や展望

■プログラム:
※ 適宜休憩が入ります。

1. 二酸化炭素資源化技術の必要性
  
2. 無機触媒技術と生物利用技術の比較
  
3. 光合成利用技術と非光合成利用技術の比較
  
4. 非光合成微生物を用いた二酸化炭素資源化技術
 4-1. 水素酸化微生物の利用
 4-2. 水素以外のエネルギー物質の可能性
 4-3. 電気利用微生物の利用
 4-4. 触媒による有機物合成とその資化微生物利用の可能性

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.