. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


車載用リチウムイオン電池の循環使用【LIVE配信】
〜 LiBのリユース、リサイクル技術確立の真の課題とは? 〜

■開催日時:2022年06月16日(木) 13:00〜16:00

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます 

■定員:30名

■受講料:49,500円(税込、資料付き/1人)
※最新のセミナー情報を「配信可」にすると割引適用(登録無料)
会員(案内)登録していただいた場合、通常1名様申込で49,500円(税込)から
 ・1名で申込の場合、44,000円(税込)へ割引になります。
 ・2名同時申込で両名とも会員登録をしていただいた場合、計49,500円(2人目無料)です。

■備考:
資料付き
【LIVE配信セミナーとは?】

■主催:(株)R&D支援センター

■講師:公益財団法人 福岡県リサイクル総合研究事業化センター センター長 中村 崇 氏

【ご略歴】
 平成3年 九州工業大学 工学部 教授
 平成10年 東北大学 素材工学研究所 教授
 平成13年 東北大学多元物質科学研究所 教授
 平成27年 東北大学 研究教授 多元物質科学研究所
 平成29年 東北大学 名誉教授
 平成29年4月〜 福岡県リサイクル総合研究事業化センターセンター長
 平成30年6月〜現在 自動車リサイクル促進センター 理事長

 <学協会>
 平成22、22年 資源素材学会 理事 / 平成22年 副会長 / 平成23年 会長
 平成26年〜令和2年10月 日本学術会議 会員
 令和2年11月〜現在 日本学術会議 連携会員

【現在の研究】
 金属リサイクルの技術開発と社会システム構築に関する研究

【その他の仕事】
 ISOTC298 国内委員会委員長
 IOSTC323 国内委員会委員長

■受講対象・レベル:
車載用LiB、EV製造メーカー、使用済みEV、LiBの循環利用に興味をもつ方。

■必要な予備知識:
LiBの循環ビジネスに興味がある方であれば、特にありません。

■習得できる知識:
・EV車の普及と脱炭素の関係
・LiBのリユース、リサイクルの確立の真の課題
・LiBリサイクルの技術動向

■趣旨:
 カーボンニュートラルに対してEV車の導入がどれだけの効果が見込めるのかを認識し、かつ
EV車の導入にどれだけの課題が存在するかを理解することを目的とする。
 現在世界レベルで活発に行われている車載用LiBの循環を実現するための社会システムの在り方
ならびに必要な技術開発の動向を整理し、サーキュラーエコノミーの観点から理解してもらう。
 LiB循環のシステム、技術の全体感の理解と実現するためのポイントを理解できる。また、
世界的に激しい競争が行われているこの分野でEUの動向を中心に我が国のLiB循環に関する状況を
比較する。

■プログラム:
1.はじめに カーボンニュートラルに及ぼすEV車の普及

2.LiB循環のシステム
 2-1 サーキュラーエコノミー 
 2-2 リユース
 2-3 リサイクル
 2-4 サーキュラーエコノミーから見たLiB循環

3.LiBリユース技術
 3-1 トレーサビリティ
 3-2 リユース例

4.LiBリサイクル技術
 4-1 EVからのLiBの回収
 4-2 輸送
 4-3 診断
 4-4 失活
 (1)    焙焼
 (2)    溶融
 (3)    湿式
 4-5 破砕 
 4-6 個体分離
 4-7 化学分離(精製)

5.世界のLiBリサイクルプロジェクト
 5-1 EU
 5-2 米国
 5-3 中国

6.まとめ これからの方向性

Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.