. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【オンラインLive配信・WEBセミナー】
紙製製品を作るための紙材料科学の基礎とバリアー性


■日時:2021年12月22日(水) 13:30〜17:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、資料作成費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:
株式会社やまうち七兵衛商会 代表取締役 農学博士 
山内 龍男 氏(元・京都大学 農学研究科)

■講演主旨:
近年、マイクロプラスチック問題ならびに地球温暖化対策として、脱プラ材料としての紙の
重要性が改めて注目されている。また、「持続可能性」というキーワードとともに、本年
2020年の東京オリンピック選手村で段ボール製ベッドが採用されたことも記憶に新しい。
 紙は約2000年の歴史ある有機材料であるが、近代的な製紙産業に発展したのは約150年前と、
つい最近のことである。製紙産業の近代化に伴い、紙の原料は非木材の植物から木材となり、
今日では日本における木材需要の約半分は紙の原料用途となっている。
 しかし一方で、紙材料の基礎知識については世間一般に浸透していなく、また、その物性には
未知の部分も多い。本セミナーでは紙の主原料であるパルプを含め、紙系材料の基礎(物性・
構造)ならびにそのバリアー性と、脱ブラ材料としての展望を幅広く説明する。


1.紙とは、その歴史

2.木材からのパルプ製造
  2.1 木材の特徴
  2.2 非木材との比較
  2.3 機械パルプ、化学パルプ、古紙パルプの各製造法

3.パルプとその抄紙
  3.1 抄紙の基本
  3.2 叩解処理

4.紙の構造と、その不均一性
  4.1 地合い
  4.2 両面性
  4.3 厚さ

5.表面構造、空隙構造と測定法

6.多孔的性質(バリア―性)
  6.1 通気性
  6.2 サイズ性

7.光学的性質
  7.1 白色度・不透明度
  7.2 光散乱係数

8.力学的・強度的性質、常用試験

9.水分の影響

10.紙加工
  10.1 塗工
  10.2 含浸
  10.3 貼り合わせ

11.3次元化する紙系材料
  11.1 段ボール
  11.2 紙袋
  11.3 紙管
  11.4 液体容器
  11.5 モールド
12.参考資料

【質疑応答】


Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.