. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


【オンラインLive配信・WEBセミナー】
次世代電池用バインダーの開発に向けた基礎・選定と使用方法と課題


■日時:2021年12月20日(月) 13:30〜17:30

■会場:※会社やご自宅のパソコンで視聴可能な講座です
※ お申込み時に送られるWEBセミナー利用規約・マニュアルを必ず、ご確認ください。

■定員:30名

■受講料:39,600円(税込、資料作成費用を含む)
 ※複数でのご参加を希望される場合、お申込み追加1名ごとに¥11,000加算となります

■主催:(株)AndTech

■講師:株式会社スズキ・マテリアル・テクノロジー・アンド・コンサルティング 
代表取締役社長 技術コンサルタント 鈴木 孝典 氏(元クレハ、アルケマ)

■講演主旨:

リチウムイオン電池は正極にPVDF、負極にSBR+CMCバインダーが使われています。バインダーは
糊として働く他にも大きな役割をいくつも担っており、その働きを理解する事でバインダーに
必要となる特性が理解できます。更にこのバインダーの理解を踏まえて、次世代電池のシステム、
プロセスから要求される「バインダー」を考えます。

■習得できる知識:
バインダーの基礎的な役割。現行バインダーが使われている理由。次世代電池の知識とそれ用の
バインダーの考え方。


1.リチウムイオン電池業界の動向
 1-1現在の市場
 1-2将来の市場見通し

2.バインダーの基礎(役割・特性)
 2-1 役割
 2-2 電池に求められる性能とバインダー

3.なぜ液系電池はPVDFを使ってきたのか
 3-1 PVDFの特性
 3-2 負極バインダーの考え方と材料

4.次世代電池とは
 4-1 リチウム金属負極電池
 4-2 全固体電池
 4-3 ナトリウムイオン電池
 4-4 リチウム硫黄電池
 4-5 リチウム空気電池

5.次世代の電池への対応
 5-1 新規バインダーの可能性
 5-2 ドライプロセス

6.その他

【質疑応答】

Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.