. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


海洋マイクロプラスチック汚染問題と生分解性プラスチックの世界的な動向

■開催日時:2020年12月4日(金) 13:30〜16:30

■会場:本セミナーは、当日ビデオ会議ツール「Zoom」を使ったライブ配信セミナーとなります。
お申込み前に《こちらのご案内》をご確認下さい。


■受講料:45,000円 + 税  * 資料付

■主催:(株)シーエムシー・リサーチ

■講師:小松 道男 氏  小松技術士事務所・所長
 
【講師経歴】
 国立福島工業高等専門学校 機械工学科 首席卒業。アルプス電気葛ホ務。平成5年 小松技術士
事務所設立・所長就任、公益社団法人日本技術士会フェロー、独立行政法人国立高等専門学校機構
福島高専非常勤講師(知的財産権)。フランス共和国ローヌ・アルプ 州クラスター親善大使、
JICA 金型プロジェクト国内支援委員、JETRO 貿易開発部専門家等を歴任、昭和58年 日本機械学会
畠山賞受賞、平成2年 技術士第二次試験史上最年少合格(27歳)平成24年 LAUNCH:BEYOND WASTE 
Forum Innovator of Innovators 受賞(米国国務省、NASA等主催。米国ベンチャー企業 Co-Founder
として)、平成29年度 文部科学大臣表彰・科学技術賞(技術部門)受賞、平成30年 ものづくり
日本大賞 製品・技術開発部門 内閣総理大臣賞受賞 安倍首相よりものづくり名人の称号を授与
される。一般社団法人型技術協会第30回技術賞受賞。バイオプラスチック成形技術等の特許発明
293個日米欧等で保有

【所属学会】
 一般社団法人プラスチック成形加工学会、
 一般社団法人型技術協会、Society of Plastics Engineers(USA)

【著 書】
 「事例でわかるプラスチック金型設計の進め方」 (日刊工業新聞社)、
 著書、専門誌・インターネット解説記事等著作多数

【政府広報】
 首相官邸公式 Youtube、海外広報誌へ複数出演。

■趣旨:
 石油由来プラスチック製の使い捨てストローによる海洋汚染報道がきっかけとなり、マイクロ
プラスチック問題が世界的に大きな課題として急浮上し、ECヨーロッパ委員会は2025年までに
非分解の使い捨てプラスチック製品の使用禁止の方針等を次々と打ち出してきています。それに
呼応するようにスターバックス、マクドナルド、IKEA、ファミリーマート等が生分解性素材の
採用を発表するに至っています。昨年6月下旬に開催されたG20大阪サミットでは日本が中心と
なって海洋プラスチック汚染関連条約をEU、米国、中国、ロシア、インド、ASEAN等へ提唱し、
2050年までに海洋プラスチックごみによる新たな汚染をゼロにすることを目指す「大阪ブルー・
オーシャン・ビジョン」合意へ導いています。しかし、マイクロプラスチック問題の正確な報道や
実用に耐え得る生分解性プラスチック製品の情報は不十分で、ブームに便乗した物性に重大な
課題が残る製品の流通が始まるなど混迷した状態にあると言えるでしょう。
 本セミナーでは、生分解性プラスチックの実務的な射出成形技術の世界的第一人者の一人である
小松道男氏を迎え、同氏が16年に渡りフランス、ドイツ、アメリカ等で実際に収集した貴重で
信頼性の高いデータや写真、サンプル等に基づいて、マイクロプラスチック問題の本質と課題、
生分解性プラスチックやバイオプラスチック製品の開発事例、世界各国の法規制の動向等を解説
します。昨年10月に開催された世界最大のプラスチックショーK2019における欧州プラスチック
業界の最新動向もご紹介します。

■セミナー対象者
 生分解性プラスチック製品の企画・開発担当者
 バイオプラスチック製品の企画・開発担当者
 プラスチック射出成形品の企画・開発技術者
 プラスチック射出成形金型開発の実務担当者

■セミナーで得られる知識
 @ 生分解性プラスチックとバイオプラスチックの正確な特性や知識
 A 海洋マイクロプラスチック問題の正確な理解
 B バイオプラスチックの世界的な最新開発動向
 C バイオプラスチックの世界的な法規制の動向
 D バイ オプラスチック製品の先行開発事例(ヨーロッパ、日本)
 E 実務的な生分解性プラスチック製品の射出成形技術、実力、コスト競争力


※ 適宜休憩が入ります。

第T部 海洋マイクロプラスチック汚染問題の正確な理解
 1.1 マイクロプラスチックとは?
 1.2 マイクロプラスチックが及ぼすリスク
 1.3 マイクロプラスチックが発生する原因
 1.4 生分解性プラスチックはマイクロプラスチックにならないか?
第U部 生分解性プラスチックとバイオプラスチックの正確な知識
 2.1 プラスチックの70年の歴史的レビュー
 2.2 石油由来プラスチックと植物由来プラスチックの相違点
 2.3 非分解性プラスチックと生分解性プラスチックの相違点
 2.4 生分解性プラスチックの認定基準
 2.5 バイオプラスチックは生分解性プラスチックなのか?
 2.6 生分解性プラスチックの主な種類と特徴
 2.7 生分解性プラスチックの生分解に要する時間
 2.8 生分解性プラスチックは海洋で生分解するのか?

第V部 世界各国のプラスチック廃棄物に関する規制の動向
 3.1 EUヨーロッパ連合
 3.2 フランス
 3.3 USA
 3.4 中国
 3.5 インド

第W部 バイオプラスチック製品と生分解プラスチック製品の事例
 4.1 ポリ乳酸シート真空成形品
 4.2 ポリ乳酸厚肉射出成形品
 4.3 耐熱ポリ乳酸射出成形品
 4.4 ポリ乳酸超臨界CO2薄肉射出成形品
 4.5 ポリ乳酸N2超臨界微細発泡射出成形品
 4.6 セルロースファイバー&ポリ乳酸射出成形品
 4.7 紙粉&ポリ乳酸
 4.8 PBAT
 4.9 PHBH
 4.10 生分解性ヘミセルロース

第X部 日本政府のバイオプラスチック推進に関する施策の動向
 5.1 環境省
 5.2 経済産業省

 ◎ 上記テーマは、動画等の編集の都合上、順不同となりますため、予めご了解をお願いします。

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.