宇宙ビジネス参入の留意点と求められる新技術、新材料
 
科学全般 試読不可

■ 本書のポイント
1.民間参入を後押しする法制度、支援体制を詳解!
  ・宇宙活動法、衛星リモートセンシング法の概要、その
   ポイント!
  ・日本と外国との宇宙法の違い、許可、申請の取り扱いは?
  ・宇宙産業特有の法的リスクとは?責任、損害金の範囲は?
  ・JAXAや自治体との共同研究、開発助成はどうすれば受け
   られるか?
  ・提携先の発掘、選定・評価をどのように進めるか!

2.宇宙ビジネスといっても何をやればいい?
        これから手掛けるべき開発テーマの見つけ方!
  ・宇宙ビジョン2050が描く未来像と民間企業が手掛けるべき
   研究開発テーマとは!
  ・宇宙ビジネスのアイディアはどのように検討すればいいか!
  ・ベンチャーが見据える宇宙ビジネスの未来と取り組み!
  ・衛星データの利活用の現状とビジネスアイディアの見つけ方!
  ・漁業、地図、保険、農業、VR、防災…取り組み事例から学ぶ
           何ができて、何ができないのか、の見極め!

3.民間参入が急増!小型ロケット、衛星などの
      部品、材料、電子機器の要求特性、参入方法とは!
  ・ロケット用材料の要求特性とは?
  ・人工衛星構体のCFRP化とその課題!
  ・宇宙船防御のための磁気シールドの強度制御技術とは!
  ・宇宙環境放射線による電子デバイス・装置の障害と対策!
  ・宇宙機電源システムの開発動向!
  ・超小型衛星用高精度アンテナの開発と実施すべき試験とは!

4.その他、宇宙ビジネスで求められる新技術、新材料!
  ・宇宙飛行中の栄養管理と宇宙食の開発!
  ・宇宙での植物栽培に必要な要素技術、環境制御技術とは!
  ・宇宙エレベーター、宇宙太陽光発電の開発動向!
  ・宇宙旅行は実現するか?法政策の現状とこれから必要な技術!
 
 
発刊日 2020年4月30日
定 価 本体70,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 約400頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-792-3
 
執筆者計54名


■章タイトル

第1章 宇宙ビジネス参入を促す法制度整備と留意点
第2章 宇宙ビジネスのための共同研究開発とその進め方
第3章 新しい宇宙ビジネスの最新動向ビジネスモデル創出
第4章 衛星データの利活用とビジネスチャンス
第5章 ロケット、人工衛星等の部品、材料、電子機器の要求特性と参入方法
第6章 機能性宇宙食の開発とこれからの研究テーマ
第7章 宇宙植物工場の開発
第8章 宇宙太陽光発電システムの開発動向
第9章 宇宙エレベータの開発
第10章 宇宙旅行、宇宙ホテル
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
"リモートセンシングの応用・解析技術
 〜農林水産・環境・防災から建築・土木、高精度マッピングまで〜"
 
宇宙ビジネス参入の留意点と求められる新技術、新材料 Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.