リモートセンシングの応用・解析技術
 〜農林水産・環境・防災から建築・土木、高精度マッピングまで〜
 
新刊 IT
人工衛星とドローンが映し出す、私たちの知らない世界
公的機関(NASA、ESA(欧州宇宙機関))の商用衛星データの無償
提供が進んでおり、それらを利用した多数のビジネスが生まれ
ようとしている。
リモートセンシングの基礎やデータの解析技術をまとめた書籍は、
数多くあるが、多分野の応用事例を一冊にまとめた技術書は
なかった。
リモートセンシングに携わる様々な分野の研究開発者のみならず、
新しいビジネス創出を考えている方々に最適な書籍。
人工衛星やドローンから捉えたデータに解析・分析を行うことで、
農作物収穫予測・生育管理道路や鉄道等のインフラ監視、アマ
ゾン地域の森林の違法伐採の阻止、海洋環境の変化を把握する、
といった様々な衛星画像の利用事例を解説。

	
 
※PDF形式のファイルをご覧いただくには、お使いのブラウザにAcrobat Readerがインストールされている必要があります。
 
 
発刊日 2019年8月
定 価 本体58,000円+税
頁 数 506頁
造 本 B5
発行所 (株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-612-4 C3055
 

監修者
中山 裕則 日本大学文理学部 特任教授
杉村 俊郎 日本大学生産工学部 教授

執筆者計58名


はじめに(序)

第1編  リモートセンシングの基礎
 第1章  リモートセンシングデータの観測処理入手
 第2章  画像解析
 第3章  衛星データの補正処理
 第4章  情報抽出

第2編  応用事例
 第1章  農業分野
 第2章  水産分野
 第3章  森林分野
 第4章  経済活動分野
 第5章  環境分野
 第6章  海洋分野
 第7章  防災・災害分野
 第8章  建築・土木分野
 第9章  高精度マッピング
 第10章  その他の分野
 第11章  衛星リモートセンシング事業の発展に向けた法的課題


 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
スマート農業
 〜自動走行、ロボット技術、ICT・AIの利活用からデータ連携まで〜
人と共生するAI革命  〜活用事例からみる生活・産業・社会の未来展望〜
豪雨のメカニズムと水害対策 〜降水の観測・予測から浸水対策、自然災害に強いまちづくりまで〜
 
リモートセンシングの応用・解析技術 
〜農林水産・環境・防災から建築・土木、高精度マッピングまで〜
Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.