新刊 バイオ・メディカル 試読不可 翻訳
タンパク質研究に大きな貢献をもたらした原著者たちが辿った、喜びと苦悩の物語。
その面白さや刺激は、発刊直後からNatureやScienceも大絶賛!
最小限の科学知識でも、充分に読み応えのある話題の一冊。

原書
『NATURE'S ROBOTS - A HISTORY OF PROTEINS』Oxford University Press(2004)
原著者
Charles Tanford & Jacqueline Reynolds
 
 
 
2018年3月29日
本体2,800円+税
342頁
A5
(株)エヌ・ティー・エス
978-4-86043-473-1 C1040
 
監訳者 浜窪 隆雄(東京大学先端科学技術センター計量生物医学部門 教授)

 

化学
1. ネーミング
2. 結晶性 ヘモグロビン
3. ペプチド結合
4. タンパク質は真の高分子量分子である
5. 密生する電荷
6. 繊維状タンパク質
7. 分析の必要性
8. アミノ酸配列
9. サブユニットとドメイン

詳細な構造
10. タンパク質フォールディングの初期の試み
11. 水素結合とαヘリックス
12. アーヴィング・ラングミュアと疎水性因子
13. 三次元構造

生理機能
14. 古くて多面性のある科学
15. 酵素はタンパク質か?
16. 抗体
17. 色覚
18. 筋収縮
19. 細胞膜

タンパク質はどのように作られているか?
20. 遺伝学へのリンク
21. 二重らせんの後―トリプレットコード
22. 新しい錬金術
 
※購入方法について
 
 
NATURE'S ROBOTS 〜それはタンパク質研究の壮大な歴史〜 Copyright (C) 2017 NTS Inc. All right reserved.