バイオフィルムの発生メカニズムと評価・対策
 
バイオ・メディカル 試読不可
バイオフィルム(ぬめり)のメカニズムから分析方法、
状況別の除去策について、豊富な事例や写真を用いて解説!

【本書籍のポイント】

〇 生物学的手法と機器分析による方法の実際とは?
〇 豊富なバイオフィルム発生事例を掲載!
〇 微生物の培養・同定法も詳細に解説!
〇 バイオフィルとの共存・産業利用とは?

・居住空間、台所、浴室、トイレ、医療現場、内視鏡、
口腔内、食品、製造工場(医薬品、食品、化粧品)…
様々な現場でのバイオフィルム発生事例を掲載!!

 
発刊日 2020年1月31日
定 価 本体60,000円+税
頁 数 227頁
造 本 B5
発行所 (株)R&D支援センター
ISBN 978-4-905507-38-3
 
執筆者計14名


第1章 バイオフィルムに関わる微生物

第2章 バイオフィルムの構造と形成過程

第3章 バイオフィルム発生評価

第4章 バイオフィルムの発生事例と対策
 第1節 居住空間でのバイオフィルム発生事例と対策
 第2節 医療現場でのバイオフィルム発生事例と対策
 第3節 食品のバイオフィルム発生事例と対策
 第4節 食品工場におけるバイオフィルム発生事例と対策
 第5節 医薬品製造工場におけるバイオフィルム発生例と対策
 第6節 化粧品製造工場における微生物汚染とバイオフィルム対策

第5章 バイオフィルム対策技術のポイント

第6章 バイオフィルムとの共存・産業利用

 
 
※購入方法について
 
 
バイオフィルムの発生メカニズムと評価・対策 Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.