生体情報計測による感情の可視化技術
 
バイオ・メディカル 試読不可
■ 本書のポイント
■各計測手法の特徴と選び方■
・脳波,心拍・脈波計測,眼球運動,瞳孔反応,視線計測,
 表情,皮膚温,音声
・非接触/リアルタイムでのセンシング技術
・各計測結果、アンケートとの結び付け

■計測条件の設定,データの扱い■
・個人差、個人内変動をどのように扱うか
・計測中の “慣れ、疲労、飽き”
・少ないN数の扱い方
・データのばらつきへの対応

■複雑な感情の表現と定量化■
・楽しい・わくわく感などのポジティブ感情
・不安・緊張・ストレス・疲労などのネガティブ感情
・美しい、かわいい、かっこいいなどの嗜好性

■各社の応用事例■
・ “着心地” “よい香り” “おいしさ” の評価
・運転中のドライバ状態 <眠気><覚醒度><疲労>の検出、推定
・新製品開発のためのニーズ調査
・人工知能、機械学習を用いた生体データの活用事例


 
発刊日 2020年4月30日
定 価 オンデマンド版 本体30,000円+税
頁 数 391頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-783-1
 
■執筆者計48名


■章タイトル


第1章 生体計測するうえで抑えるべきポイント
第2章 感情推定のためのヒトの生理反応計測手法の種類、特徴
第3章 脳波計測による感情推定技術
第4章 視線や瞳孔、眼球運動の計測技術と感情計測
第5章 心拍・脈波計測の製品開発への応用
第6章 表情フィードバックを利用したヒト感情の推測技術
第7章 音声による感情認識技術術
第8章 快・不快情動のメカニズムと生体計測評価
第9章 楽しい・わくわくなどポジティブ感情の生体計測技術
第10章 美しい、かわいい、かっこいいなど嗜好性の評価
第11章 疲労、ストレス、不安の評価
第12章 応用事例

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
生体ひかりイメージング 基礎と応用
生体情報センシングと人の状態推定への応用
感性デザイン
 〜統計的手法(ラフ集合)、事例、I/F、マーケティング〜
"商品開発・評価のための生理計測とデータ解析ノウハウ
 〜生理指標の特徴、測り方、実験計画、データの解釈・評価方法〜"
 
 
生体情報計測による感情の可視化技術 Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.