パワーエレクトロニクスハンドブック
 
エネルギー・電気
基礎的な回路理論、応用分野、関連用品、新エネルギーへの適用を記述。
2002年2月20日
本体58,000円+税
1232頁
B5判 上製
株式会社R&Dプランニング
 
【監修者】
 今井 孝二  豊田工業大学名誉教授
【編集委員】
 赤木 泰文  東京工業大学大学院理工学研究科電気電子工学専攻教授
 色川 彰一  (株)東芝電力システム社電力変電技術部主幹
 岡村 昌弘  北陸先端科学技術大学院大学名誉教授
 嶋田 隆一  東京工業大学原子炉工学研究所創造エネルギー専攻教授
 難波江 章  長岡技術科学大学名誉教授
 堀内 恒郎  (株)東芝電力システム社電力変電技術部主幹
 松井 幹彦  東京工芸大学工学部電子情報工学科助教授
(執筆者全106名)
 

 総論
総論
 

 次世代指向のパワーエレクトロニクス
1. パワーエレクトロニクス高調波対策実例
(EMI/EMC)
2. パワーエレクトロニクスによる環境改善
 

 基礎編
1. パワーデバイスとその基本技術
2. パワエレの基本原理および動作
3. パワーエレクトロニクスシステム制御の基本
4. パワーエレクトロニクスシステムと
その構成要素
5. パワーエレクトロニクスとEMI
 

 専門用語・規格類
専門用語・規格類
 

 応用編
1. 概説
2. 電力送変電システム
3. 水力発電所へのパワーエレクトロニクス適用
4. 分散型電源・貯蔵
5. 産業システム
6. 電気鉄道システム
7. 電気通信システム
8. 無停電電源システム(UPS & CVCF)
9. 家電
10. 自動車
11. パルスパワー技術
   
 
Copyright (C) 2003 NTS Inc. All right reserved.