二酸化炭素有効利用技術 
〜DACから物質合成、産業利用まで〜
 
新刊 化学・化学工学
・二酸化炭素回収のためのDAC、活用のための触媒開発について
 解説!
・二酸化炭素を有効な資源や材料にするための最新技術を詳解!
・藻類を利用した燃料開発やe-fuelなど注目技術も紹介
・二酸化炭素の排出量を算定するライフサイクルアセスメントも
 紹介!

	
 
デジふろ NTSデジタルふろくサイト「デジふろ」にて
無料の電子試読が可能です。ご利用下さい!
 
発刊日 2022年5月
定 価 本体45,000円+税
頁 数 348頁
造 本 B5
発行所 (株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-786-2 C3058
 

序論 二酸化炭素における有効利用技術の概要と展望 
 (序論のみブラウザ上で試し読みできます)
第1編 ダイレクトエアキャプチャー(DAC)
 第2章 IHIにおけるDAC装置開発
 第3章 DACおよび回収二酸化炭素の有効利用による炭素循環社会モデルの構築
第2編 二酸化炭素からの物質合成
 第1章 二酸化炭素を活用するための触媒開発
 第2章 ギ酸の生成
 第3章 一酸化炭素の生成
 第4章 メタンの合成
 第5章 有機材料の開発
 第6章 無機材料の開発
第3編 二酸化炭素の産業への有効利用
 第1章 二酸化炭素の貯留・産業利用と環境省の取り組み
 第2章 二酸化炭素の直接利用
 第3章 藻類と燃料技術
 第4章 燃料開発
 第5章 二酸化炭素のライフサイクルアセスメント計算


 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
CO2の分離・回収・貯留の最新技術
 
 
二酸化炭素有効利用技術 
〜DACから物質合成、産業利用まで〜
Copyright (C) 2022 NTS Inc. All right reserved.