高分子 試読不可
TPPなどでますます国外に広がる日本の高品質農産物!
流通コスト削減のため、空運から海運に代わりますます重要になる鮮度保持技術の動向とは!
各種青果物を適切な条件下におき、適切な包装を設計、活用するために重要な一冊!
収穫前、収穫後、青果物の呼吸や蒸散などの代謝活動がどういうメカニズムで行われるのか?
青果物の劣化指標となる作物の各種生体メカニズムとは?
青果物という低価格商品に対応する包装として、どの程度のコストが適切なのか?許容されるのか?
各種特色のあるフィルムを活用し、鮮度保持を行っているが、防曇フィルム、MA包材、パーシャルシール包装などの各動向とは?
にら、ブロッコリー、オウトウ、イチゴ、果樹などを含む青果物での鮮度事例とは?
コンビニエンスストアやスーパーでも需要が増加しているカット青果物の鮮度保持技術とは?
2018年3月
本体50,000円+税
約190頁
B5
AndTech
ISBN 978-4-909118-04-2 C3058
 
監修 牧野 義雄(東京大学)
 

青果物の鮮度保持技術を支える包装フィルム・材料の基礎原理

青果物の品質保持に関わる各種青果物の生理・劣化現象と包装資材の活用事例
第1節 各種果樹を中心とした青果物に用いる生鮮食品用MA包装と生理現象
第2節 山形県産オウトウ用鮮度保持パッケージの開発〜ハイドロゲルと3D プリンタの活用〜
第3節 真空予冷に対応したニラの鮮度保持包装
第4節 MA包装フィルムを用いたブロッコリーの低コスト・鮮度保持流通技術
第5節 カット青果物における劣化現象と鮮度保持へ向けた課題

青果物の鮮度保持技術を支える包装フィルム・材料の技術開発動向
第1節 鮮度保持フィルムによるMA 包装の技術動向と今後の課題
第2節 鮮度保持フィルムとしてのOPPフィルム
第3節 無孔通気性フィルムによる鮮度保持包装
第4節 ミクロ穴加工を行った鮮度保持フィルムP-プラスと各種適用事例
第5節 MA/MH包装資材Xtend による青果物の鮮度保持と国内普及への道
第6節 青果物の鮮度を保持することができる段ボール包材
第7節 EVOH 樹脂の包装分野における取り組み
第8節 青果物の品質保持に関わる各種の技術・包装設計
 
 
※購入方法について
 
 
青果物の鮮度・栄養・品質保持技術としての
各種フィルム・包装での最適設計
Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.