遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術
 
設備・機械 試読不可
◎軽量性、コンパクト性、耐久性、成形加工性、様々な
 機能性との両立を達成するためには?
 状況に合わせた各場面での音響快適空間を演出する
 ためのアプローチを詳解!
発刊日 2018年7月31日
定 価 本体30,000円+税
頁 数 721頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
 
執筆者 計46名


第1章 音の伝搬メカニズムとヒトが音を感じるメカニズム

第2章 人が音を知覚するメカニズムと健康への影響

第3章 吸音材料の開発と材料の特性

第4章 遮音材料の開発と材料の特性

第5章 制振・防振材料の開発と材料の特性

第6章 車両における振動・騒音の低減化技術と遮音・吸音材料、構造の適用

第7章 建築、建造物における吸音・遮音・制振の設計

第8章 機械・産業機器、電子機器における騒音対策

第9章 音場、音環境、遮音・吸音材料の測定手法、シミュレーション、評価技術

第10章 騒音規制、騒音公害とその対策
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
自動車室内の静粛性向上と、防音・防振技術、材料の開発
 
 
遮音・吸音材料の開発、評価と騒音低減技術 Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.