. .
セミナー・イベントTOPへ戻る


潤滑グリースの基礎と実用技術【Webセミナー】

■開催日時:2020/12/16(水)  10:30〜16:30

■会場:【WEB限定セミナー】※在宅、会社にいながらセミナーを受けられます。 

<Webセミナーのご説明>
本セミナーはZoomウェビナーを使用したWebセミナーです。
※ZoomをインストールすることなくWebブラウザ(Google Chrome推奨)での参加も可能です。
お申込からセミナー参加までの流れはこちらをご確認下さい。
キャンセル規定、中止の扱いについては下欄の「お申込み方法」を確認ください。

<禁止事項>
セミナー当日にZoomで共有・公開される資料、講演内容の静止画、動画、音声のコピー・
複製・記録媒体への保存を禁止いたします。

■受講料:
51,000円
※資料付
※Eメール案内を希望されない方は、「51,000円×ご参加人数」の受講料です。
※Eメール案内(無料)を希望される方は、通常1名様51,000円から
 ★1名で申込の場合、44,000円
 ★2名同時申込の場合は、2名様で51,000円(2人目無料)
 ★3名同時申込の場合は、3名様で73,000円
 ★4名以上同時申込の場合は、3名様受講料+3名様を超える人数×20,000円

※2名様以上の同時申込は同一法人内に限ります。
※2名様以上ご参加は人数分の参加申込が必要です。
 ご参加者のご連絡なく2名様以上のご参加はできません。

備考
  ※2名同時申込は同一法人内に限ります。
  ※2名様ご参加は2名様分の参加申込が必要です。
    ご連絡なく2名様のご参加はできません。

■主催:S&T出版

■講師:中 道治 氏
(一社) 日本トライボロジー学会 常務理事 事務局長
(一社) 潤滑油協会 監事
(一社) 日本機械学会 機械状態監視資格認証事業 事業委員会委員

■本セミナーの趣旨:
潤滑グリースは,高速回転性能,耐摩耗性などその性能は潤滑油と比べて劣ることが多い.
しかし油タンク,循環装置,冷却装置,フィルターなどが無くても使用可能となるため,
機械や設備の小型軽量化に適して、その使い勝手の容易さから転がり軸受や歯車では主流の
潤滑剤・潤滑方法となっている.潤滑グリースの流動性能が,摩擦トルク,音響性能,寿命等を
支配することが多いため,その選定や使用においては実績を重視しなければならない.本講座では
潤滑グリースについての基礎から応用まで詳細な解説を行う.受講生の方々が潤滑グリースに
ついての知見や経験を増すことによって,潤滑グリースの開発や性能向上,その選定や使用が
正しく行われ,機械や設備の性能向上に貢献できることを期待する.

■受講対象者:
専門以外または業務初心者でも受講可能

■学べる事:
講義の最後に受講者の皆様からの質問をお聞きします。講義内容から外れた内容でも構いません。


1. 潤滑剤の分類
  ○液体潤滑剤
  ○半固体潤滑剤
  ○固体潤滑剤

2. グリースの定義
  ○油潤滑とグリース潤滑の特徴と比較

3. グリースの構成物
  ○増ちょう剤の種類と特徴
  ○基油の種類と特徴
  ○添加剤の種類と特徴

4. グリースの製造方法

5. グリースの流動性能
  ○レオロジー
  ○チキソトロピー

6. グリースの実用性能
  ○摩擦トルク
  ○高速回転性能
  ○低速回転性能
  ○酸化安定性
  ○熱安定性
  ○離油特性
  ○低温性
  ○音響特性
  ○耐摩耗性
  ○発塵性能
  ○導電特性

7. グリースの性状・性能評価方法
  ○JIS-K2220
  ○摩擦摩耗試験

8. グリースの劣化と寿命
  ○化学的劣化
  ○物理的劣化
  ○異物の侵入
  ○焼付き寿命予測

9. グリースの使用・保管上の注意点

10. グリースを構成する基油・添加剤

Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.