翻訳版 Agricultural Bioinformatics
〜オミクスデータとICTの統合〜
 
新刊 バイオ・メディカル 翻訳
・農業の研究者らによる幅広く興味深いトピックを紹介した
 貴重な1冊。 
・農業分野での現状として、次世代シークエンサーを用いた
 ゲノム解析から機械学習、クラウドコンピューティングに
 至るデータサイエンスまでを網羅する。 
 
原著『Agricultural Bioinformatics』Springer India (2014)
原著編者 Kavi Kishor P.B., Rajib Bandopadhyay and 
 Prashanth Suravajhala 
 
発刊日 2018年10月
定 価 本体30,000円+税
頁 数 386頁
造 本 B5
発行所 (株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-521-9 C3061
 
翻訳者 石井一夫、大前奈月

翻訳にあたって
はしがき
前文
第1章 連関地図作成:農作物における複雑な形質を分析するための新しいパラダイム
第2章 静かなる暗殺者:植物ウイルスのサイレンシングサプレッサーにおけるインフォマティクス
第3章 農作物の熱ストレス耐性への取り組み:バイオインフォマティクスによるアプローチ
第4章 穀物の比較ゲノミクス:現状と将来展望
第5章 知識ベースの改良のための融合法に向けてのバイオインフォマティクスの応用とイネゲノミクスにおける
    計算機統計学の全貌
第6章 植物の塩ストレス応答における遺伝子発見へのバイオインフォマティクスの貢献
第7章 ピーナッツバイオインフォマティクス:ピーナッツアレルギーに対する免疫療法の開発と食物安全性の
    改良のためのツールと適用
第8章 植物のmiRNA:概要
第9章 植物のEST:我々はどこに向かうのか?
第10章 重要なエスニック薬用植物に関連するバイオインフォマティクス戦略
第11章 オミクスデータからの知識マイニング
第12章 農業におけるクラウドコンピューティング
第13章 病原性解析のためのバイオインフォマティクスツールと微生物殺虫剤としての昆虫病原性真菌類
第14章 生物窒素固定に関連する共生ジアゾ栄養生物のゲノムの探索
第15章 植物─微生物間相互作用:二つの動的生物学的実体の対話
第16章 システム生物学におけるサポートベクトルマシン(SVM)に特に注目した機械学習:植物の視点
第17章 キサンチン誘導体:分子モデリングの展望


 
 
※購入方法について
 
 
翻訳版 Agricultural Bioinformatics
〜オミクスデータとICTの統合〜
Copyright (C) 2018 NTS Inc. All right reserved.