高熱伝導材料の開発 
〜さらなる熱伝導率の向上のために〜
 
エネルギー・電気 試読不可
◎200℃以上の温度への対応
◎窒化物フィラーの使い方
◎「絶縁性」と「放熱性」の両立
⇒次世代パワーデバイス、LED、車載電子機器に向けた
 最新技術を一挙掲載!
 
発刊日 2019年7月31日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 524頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-754-1
 
執筆者計55名


■章タイトル


第1章 高分子の熱伝導のメカニズム
第2章 熱伝導性フィラーの特性
第3章 フィラーの表面処理技術
第4章 フィラーの混練、分散と配向制御技術
第5章 太陽電池の電気化学測定と解析
第6章 構造制御、分子設計による樹脂の高熱伝導化
第7章 樹脂材料の熱膨張制御技術
第8章 高熱伝導エラストマー、炭素材料の開発
第9章 パワー半導体、車載電子機器、LEDに求められる高熱伝導性樹脂材料の開発
第10章 パワー半導体、車載電子機器、LEDの放熱実装、放熱構造の設計
第11章 放熱材料の熱伝導特性の評価、解析技術


 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
伝熱工学の基礎と熱物性測定・熱対策事例集
 〜材料別の熱伝導率・熱拡散率測定法から各種製品の熱設計・熱マネジメント技術まで〜
サーマルデバイス
  〜新素材・新技術による熱の高度制御と高効率利用〜
高耐熱樹脂の開発事例集
 〜パワーデバイス、ディスプレイ、電動車両への応用に向けて〜
 
 
高熱伝導材料の開発 〜さらなる熱伝導率の向上のために〜 Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.