環境
近年多発する豪雨災害のメカニズムを気象学・土木工学の両側面から横断的にまとめ新しい防災対策への取組みを提案!
 
 
こちらの書籍はMaruzen eBook Library にて
《電子試読》ができます
 
電子書籍(ダウンロード版)のご注文
※Knowledge Worker(丸善雄松堂(株)運営)へ移動します
 
2017年2月
本体42,000円+税
434頁
B5
(株)エヌ・ティー・エス
ISBN 978-4-86043-459-5 C3051
 
 監修者 中谷 剛、三隅 良平
 

雨と河川に関する基礎知識

降水と災害
第1章 豪雨のメカニズム
第2章 雨量のリアルタイムデータ
第3章 降水の予測
第4章 気象情報の防災への有効活用
コラム 気象キャスターからのひとこと(1)気象情報の豆知識

浸水メカニズムと防災システム
第1章 内外水氾濫による浸水メカニズム
第2章 観測/予測システム
第3章 河川/下水施設モニタリングシステム開発
第4章 雨水制御システム
コラム 気象キャスターからのひとこと(2)防災情報伝達の限界を超えるために

まちづくりとリスク管理
第1章 災害リスクを軽減するまちづくり
第2章 リスク管理/防災対策
第3章 自治体における水害対策の取組み
第4章 民間における対策・技術開発
コラム 気象キャスターからのひとこと(3)気象キャスターの役割
 
 
 
 
豪雨のメカニズムと水害対策
〜降水の観測・予測から浸水対策、自然災害に強いまちづくりまで〜
Copyright (C) 2016 NTS Inc. All right reserved.