VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例
 
IT 試読不可
◎5G時代の到来で市場拡大 医療や教育、スポーツ、
 モノづくり現場まで様々な分野で導入が実現!
◎「非対面・非接触」「リモート」「遠隔操作」
 コロナ禍で生まれた新たなニーズに応えるVR,AR技術



■ 本書のポイント 

【視覚】
 ・“使いやすさ”“快適性”を考えたヘッドマウントディス
  プレイの設計
 ・ホログラフィの計算速度向上と3D映像、ヘッドマウント
  ディスプレイへの応用
 ・サイネージや操作パネルへの応用を目指した空中ディス
  プレイ技術
 ・映像酔い、VR酔いの発生原因と生体への影響

【触覚・力覚】
 ・ヒトの触覚再現を目指した各種触覚センサの開発事例
 ・力触覚の伝達、遠隔操作、再現を可能にするリアルハプ
  ティクス技術

【聴覚】
 ・高臨場な音空間の構築、音響再生デバイスの開発事例
 ・バーチャルな音空間を実現する音空間レンダリング技術

【温冷覚】
 ・解明が進む温冷感覚の知覚特性と他感覚、感情との相互作用
 ・温度錯覚のメカニズムに関する研究動向とVRへの応用可能性

【味覚・嗅覚】
 ・感覚間相互作用を活用した嗅覚、味覚の拡張
 ・提示の難しい嗅覚や味覚を変調、操作する新しい研究事例

【応用事例】
・現場作業
・遠隔操作ロボット
・技能伝承
・手術訓練
・手術支援ロボット
・リハビリテーション
・スポーツトレーニング
・防災訓練
・バーチャル体験学習
・観光、イベント
など、エンタメ分野以外の最新事例を多数掲載
 
発刊日 2021年6月30日
定 価 本体80,000円+税
頁 数 576頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-850-0
 

執筆者計64名


■章タイトル
第1章 VR、立体映像における視覚特性と映像酔い
第2章 VR/AR向けヘッドマウントディスプレイの開発動向
第3章 空中、3D映像表示技術の開発動向
第4章 触覚・力覚の提示技術と応用事例
第5章 聴覚の知覚特性と音響再現技術、応用システムの開発事例
第6章 温冷感覚の知覚特性と提示技術
第7章 味覚・嗅覚の提示、拡張技術と応用事例
第8章 ものづくり、作業支援への活用事例
第9章 医療分野への活用事例
第10章 学習、トレーニング、観光分野への活用事例

 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
自在化身体論
Excelによる生体信号解析
オーグメンテッド・ヒューマン
三次元画像センシングの新展開
感覚デバイス開発
 
VR/AR技術における感覚の提示、拡張技術と最新応用事例 Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.