分離プロセスの最適化とスケールアップの進め方
 
化学・化学工学 試読不可
◎ 晶析、ろ過、分級、蒸留、濃縮、乾燥  ―各プロセスの
  特色・問題点を押さえ、条件の最適化につなげるコツ・
  ノウハウを解説!

■ 本書のポイント

@ 目的物を正しく分離するための、最適な条件の見つけ方
 ・収率・効率の改善、精製物の品質や高純度化
 ・条件を検討する上で重要な物性値の読み方・活用法
 ・理論計算における基礎的な計算手順
A スケールアップ実験の正しい進め方・ノウハウ
 ・ラボで取得すべきデータとは?
  パイロットでの実生産設備の検討法とは?
 ・物質収支、エネルギー収支予測を各プロセス毎に事例提示!
  必要なデータやその活用法がわかる
Bモデリング・シミュレーションの活用
 ・物性値の相関・推算の事例を各プロセス毎に提示!
 ・連続生産プロセスの設計への応用
 ・インフォマティクス、AIを用いた網羅的な条件検討と
  最適化
C各プロセスにおけるトラブル事例とその対策
 ・晶析―核化・成長速度の制御、結晶中への不純物混入
 ・ろ過―ファウリング、膜の劣化、汚染の発生原因と対策
 ・分級―粒子の凝集・付着・摩耗、分級精度
 ・濃縮―膜のファウリング防止、コスト問題
 ・乾燥―乾燥度のバラツキ、粉粒体の付着、乾燥品の固結
 
						
 
発刊日 2019年11月29日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 約600頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-766-4
 
執筆者計76名


■章タイトル


第1章 分離プロセス設計のために知っておくべき基礎物性の測定・活用法
第2章 モデリング・シミュレーションを用いた分離プロセス設計とインフォマティクス応用
第3章 開発初期におけるラボ実験でのデータの取り方でのポイント
第4章 晶析操作の条件検討とスケールアップの正しい進め方
第5章 ろ過プロセスの条件最適化とスケールアップの進め方
第6章 分級プロセスの条件最適化とスケールアップの進め方
第7章 蒸留プロセスの条件最適化とトラブル対策
第8章 濃縮プロセスの条件最適化とトラブル対策
第9章 乾燥プロセスの条件最適化とトラブル対策
第10章 精製用クロマトグラフの条件検討とスケールアップの正しい進め方
第11章 各精製物における精製工程設計と操作・運転の最適化事例


 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
フロー合成、連続生産のプロセス設計、条件設定と応用事例
 
 
分離プロセスの最適化とスケールアップの進め方 Copyright (C) 2019 NTS Inc. All right reserved.