撹拌技術とスケールアップ、シミュレーションの活用
 
新刊 化学・化学工学 試読不可
★ 装置設計、条件設定、トラブル対策などに使われるシミュ
  レーション技術!
★『高粘度液』『固体粒子』『液滴分散』『混合時間一定』の
  スケールアップのポイントは?

■ 本書のポイント 
目的に応じた最適な撹拌装置の設計
・撹拌目的、液量、撹拌槽の大きさ、対象の液物性は?
・粘度によって、翼形状、翼径、翼段数など撹拌翼を設計する!
・邪魔板の効果とその弊害
・撹拌軸などの強度は条件を満たしているのか?

撹拌プロセスにおける各種トラブルの発生とその対策
・撹拌装置で異常発熱が起こった場合は?
・槽内側表面におけるスケーリング発生とその対策
・撹拌時に混入する気泡の脱泡技術!
・分散のコントロールとコンタミ制御

各種シミュレーションの活用
・流速や温度、反応分布から撹拌装置の形状、運転条件を決める!
・撹拌装置内の留流や温度ムラ、反応ムラを評価する!
・撹拌翼に作用するトルクなどの評価、解析
・撹拌所要動力を予測するには?
・複雑な形状の流路や装置内のガスをみるには?
	
 
発刊日 2021年11月30日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 約500頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-864-7
 
執筆者計79名


■章タイトル
第1章 撹拌のメカニズム
第2章 撹拌の運転条件設定
第3章 撹拌・混合のシミュレーション、解析
第4章 撹拌技術と均一分散
第5章 撹拌による化学反応とその制御
第6章 公転自転式撹拌脱泡装置の運転条件とその効果について
第7章 撹拌・混合操作におけるスケールアップ
第8章 撹拌プロセスにおけるトラブル対策
第9章 化学分野における撹拌・混合技術の応用
第10章 インライン方式連続分散システムの開発と電池用スラリーの作成
第11章 撹拌条件の制御によるセルロースとガラスのハイブリッド化と透明性の向上
第12章 医薬品分野における撹拌・混合技術の応用
第13章 食品・化粧品分野における撹拌・混合技術の応用
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
分散系のレオロジー 
〜基礎・評価・制御、応用〜
実践 エマルション安定化・評価技術
〜各種指標値に基づく科学的アプローチ〜
 
 
撹拌技術とスケールアップ、シミュレーションの活用 Copyright (C) 2021 NTS Inc. All right reserved.