食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応
 
 
高分子 試読不可
★ 食品のロングライフ化、鮮度維持、電子レンジ調理に向けた
  容器包装開発の先行事例!


■ 本書のポイント
各国規制の詳細とその対応実務
・欧州、米国、中国、日本における食品接触容器・包装材料の
 規制と試験
・日本のポジティブリスト制度導入と求められる管理と試験
・フードコンタクトマテリアルからのモノマー、添加剤の
 溶出試験 非意図的添加物質のリスク評価
・紙製容器包装に対する世界各国の法規制

新しい食品包材、パッケージの開発事例
・青果物の生理現象、鮮度劣化メカニズム  鮮度保持包材の
 通気性
 制御と透明性の両立
・電子レンジ対応包材の加熱ムラ抑制、蒸気抜きの工夫
・酒類、飲料の鮮度、風味維持に向けたボトル容器へのバリア
 性向上低吸着性付与
・レトルト殺菌や屈曲によるバリア性低下抑制、チルド環境下
 でのシール性向上

食品容器包装の環境対応
・生分解、バイオマスプラスチックを用いた食品容器包装の
 開発と採用例
・容器包装の薄肉化によるプラスチック使用量の削減、紙へ
 の転換
・水性、UV硬化型食品包装用インキの開発と規格適合例 、
 粘着ラベルの環境対応
・食品メーカーにおける環境対応の取り組み、包材への要求
 特性
発刊日 2020年9月30日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 491頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-803-6
 
■執筆者計58名


■章タイトル

第1章 食品包装を取り巻く市場の変化、新たなニーズ
第2章 食品包装材料の規制動向、求められる試験
第3章 食品容器・包装材の環境対応
第4章 紙、その他の環境負荷低減材料の開発とその容器、包装への応用
第5章 鮮度保持包材、容器・包装の設計と性能評価
第6章 レトルト、テイクアウト食品に向けた容器・包装材の設計と性能評価
第7章 食品容器・包装のユーザビリティ向上
第8章 食品容器・包装用インキ、接着剤の設計と規制・環境対応
第9章 食品、飲料品メーカーによる食品・飲料容器包装の開発、採用例
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
生分解性プラスチックの素材・技術開発
 〜海洋プラスチック汚染問題を見据えて〜
新型コロナウイルスが変えるパッケージ最新市場マップ
 〜素材メーカー、コンバーター、エンドユーザーの新規包装設計と勢力地図〜
【プラ代替】紙製容器包装の開発動向とモノマテリアル化、規制動向、リサイクル技術、市場展望
 〜デザインとパッケージ戦略、求められる機能性、食品メーカーの取り組み〜
 
食品容器包装の新しいニーズ、規制とその対応 Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.