エレクトロニクス用セラミックスの開発、評価手法と応用
 
応用物理 試読不可
■ 本書のポイント
◆電子デバイス材料用セラミックスの開発と応用事例◆

・強誘電性を発現するための設計方法は? 熱安定性を
 両立するには?
・圧電特性を向上しつつ、ハイパワー特性も向上するには?
・電波吸収体の設計理論は? 実際のデバイスに必要な
 ノイズ対策は?
・高温への対応は? 熱伝導性、耐熱性、熱膨張制御技術を
 徹底解説!
・導電性セラミックスの設計方法は? センサ、電池での
 応用は?
・セラミックス系蛍光体の形態制御技術、表面処理技術を
 詳解!

◆セラミックスの加工技術、コーティング技術◆
 
・微細表面のパターニング手法を詳解!  
・結晶配向性を維持しつつ精密なコーティングを行うための
 技術は?

◆新規セラミックスの開発、作製の省エネ化、結晶配向技術◆
 
・インフォマティクスを利用した新規セラミックスの開発
 事例を詳解!
・結晶配向を制御するには? 磁場を用いた手法を徹底解説!
・製造プロセスを省エネ化するには? 低温合成、低温焼結、
 迅速焼成のポイントを解説!

◆セラミックスの特性評価、状態観察手法◆
 
・構造、電子状態、結晶状態、残留応力、組成分析、
 誘電性、圧電性、力学特性、様々な特性の評価事例を掲載!



 
発刊日 2020年8月31日
定 価 本体80,000円+税
アカデミック価格 本体30,000円+税
 ※アカデミック価格の適用は、
   エヌ・ティー・エスホームページをご覧ください。
頁 数 543頁
造 本 A4
発行所 技術情報協会
ISBN 978-4-86104-798-5
 
執筆者計55名


■章タイトル


第1章 誘電セラミックスの温度特性への対応、低抵抗化とその応用
第2章 圧電セラミックスの新規開発、圧電性能の向上と応用
第3章 高周波対応低損失磁性セラミックスの開発
第4章 パワー半導体用セラミックスの高温耐久性の向上と膨張制御技術
第5章 エネルギーデバイス材料・部材向けセラミックスの開発
第6章 光学セラミックスの開発
第7章 セラミックスコーティング、製膜の技術開発と成膜の安定化
第8章 セラミックスの表面加工技術と加工表面の評価
第9章 計算科学、シミュレーション、インフォマティクスを利用したセラミックスの開発
第10章 エレクトロニクス用セラミックスの焼結、合成プロセスの省エネルギー化
第11章 セラミックスの特性、物性と配向制御技術
第12章 セラミックスの特性評価手法、状態観察手法


 
 
 
※購入方法について
 
★関連書籍のご案内
高周波対応部材の開発動向と5G、ミリ波レーダーへの応用
ALD(原子層堆積)によるエネルギー変換デバイス
セラミックス機能化ハンドブック
ナノエレクトロニクスにおける絶縁超薄膜技術
エレクトロニクス用セラミックスの開発、評価手法と応用 Copyright (C) 2020 NTS Inc. All right reserved.